並行品と正規品について

作成日:2016年09月24日
最終更新日:2019年12月13日

ロレックス

fune

皆様は正規品・並行品と言う言葉を聞いた事はありますでしょうか。基本的に並行品は国内定価よりも安く販売される事がほとんどですが、今回は正規品と並行品の違いについてご説明させて頂きます。まずよく並行品と言うのは本物ですか?と言った質問がありますが、ブランドにもよりますが、根本的に正規品と並行品どちらも国内に入ってくる流通ルートが異なるだけで実は商品自体は同じなのです。ロレックスで言うと正規品も並行品もスイスのジュネーブで全て製造されております。では今回正規品と並行品について更に詳しく説明します。

正規品について

「正規品について」のイメージ画像

ロレックスで説明しますと、まず時計はスイス・ジュネーブで製造されます。それから日本では日本ロレックスと言う正規代理店によって時計が輸入され店頭に並びます。これが一般的に正規品と言われる流通の方法です。日本のロレックス正規店の時計は日本ロレックスのシールが裏蓋に貼られるのが正規品の特徴でこれは並行品にはありません。並行品では保証書には自分の名前が入りませんが、正規品は名前等を記載したはがきを送ると後日自分の名前が入った保証書が届くと言う所も魅力もあります。また保証期間も購入した日から始まり2015年からロレックスの保証は5年に延長されました。

正規品のメリット

「正規品のメリット」のイメージ画像

・流通ルートが明確な為信頼度が高い。

・定価が上がれば販売価格も上がりますが、プレミア価格がついているモデルも定価で購入する事が出来る。

・並行品は販売店によっても保証内容が異なりますが、正規店ではアフターメンテナンスも充実している。

・保証書に自分の名前が入る

並行品について

「並行品について」のイメージ画像

一方並行品と言うのは海外の正規取扱店・もしくは海外代理店から仕入れて国内の販売店で売る物を“並行品”と言います。為替などによっても仕入れ値が変わってきますが、定価よりも安く販売される事がほとんどで大きな特徴です。新品でも定価よりもかなり安く出ている物はこの並行品と呼ばれる物です。ロレックスの並行品の保証書にはすでに日付が記載されていますが、これは一度その国で販売したという事にする必要があるため日付の記載がされています。ブランドによってはオープンギャランティと呼ばれる保証書に何も記載がされていない物などもあります。これは国やブランドによっても様々事情が異なる為です。正規品は購入した日から保証期間が始まりますが、並行品で保証書に日付がはいると、その日付からの保証の為ご自身が手に入れた時にはすでに保証期間が始まっている場合があります。

並行品のメリット

「並行品のメリット」のイメージ画像

・定価での販売価格ではない為モデルにもよりますが定価よりも大幅に安く手に入れる事ができる

・国内の正規店で販売していない珍しいモデルなども入手することが出来る。

・販売店独自の保証も受けられる

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら