ルイヴィトンの買取率ってどれぐらい?

作成日:2019年06月15日
最終更新日:2021年06月15日

ルイヴィトン

purse-1200498_960_720

こんにちは。買取エージェントの鑑定士福永です。ルイヴィトンのように定価がしっかりと決まっていて人気の高いブランドはどれぐらいの買取価格で買取されているか、定価から計算して何パーセントぐらいで買取されているか今回は見ていきたいと思います。

定番のシリーズ・定番モデルが最も高い。

まず初めに説明しておきたいのがルイヴィトンと言ってもモデル、シリーズがたくさんあるためそのシリーズによっても大きく変わるという事です。コレクションシリーズなどは定価が高い傾向がありますが買取はさほど高くない事もあります。逆にプレミア価格で買取できる事もあります。要はシリーズによって全然違うという事です。

そんな中で一番安定した金額で売れるものはモノグラム、ダミエラインなどの定番シリーズです。モノグラムアンプラントなどのモノグラムラインから派生したシリーズもたくさんありますが、ざっくりいうと革を使っていないシリーズが買取率は良いです。革を使っているシリーズは人気はあるのですがもともとの定価が少し高めの設定なので買う時と売るときの差が少し出ます。モノグラムやダミエラインの物を実際に見たことある方は分かると思いますがちょっと特殊な手触りですよね?モノグラムキャンバスと言う言い方をされますが、あの素材を使った物が最も高い買取率で買取できます。

財布よりもバッグの方が買取が良い。

「財布よりもバッグの方が買取が良い。」のイメージ画像

シリーズによって買取価格、率は異なるという事は説明しましたが、同じラインでも財布、バッグ、キーケースなど様々なアイテムがあります。

どれが一番買取価格は残るかと言うとバッグです。使い方と言ったらその一言で終わるのですが、まずお財布って特に使う頻度が多いため使用感がでる事がほとんどです。カード入れると型が付きますし、小銭を入れると小銭の跡が付きます。そしてお財布はお金を入れるものですのでバッグやキーケースなどに比べると中古の需要が若干落ちます。その為全体的に見てお財布は買取価格、率が少し下がります。

実際の買取率ってどれぐらい?

「実際の買取率ってどれぐらい?」のイメージ画像

では次は実際に何パーセントぐらいで売れるかですが、新品は決まっていて価格と買取率を掲載しておりますので買取価格表をご覧ください。

中古場合は先ほども言いましたが状態によって異なりますが、人気の高い物で7割(70%)ぐらいで買取でき、結構使っていても5割定価の半分ぐらいで買取できる物が多くあります。モノグラムラインのように持ち手がヌメ革を使用しているものは使用感が出やすいのでこの買取率が少し下がりやすいのですが、ダミエのようにヌメ革を使用していないものは特に買取金額が残りやすいという特徴があります。

ヴィトンのバッグの中でも人気高いネヴァーフルですがMMサイズの定価は税抜きで¥151,000です。こちらは中古でも状態が良ければ10万以上の7割で買取できる事があります。あくまでも目安になってきますが、実際にたくさん買取させて頂いております。

少しでもルイヴィトンの製品を高く売るには!?

「少しでもルイヴィトンの製品を高く売るには!?」のイメージ画像

最後になりますが少しでもヴィトンを高く売るコツを教えます。

それは『できる限り早く売る』という事です。

ルイヴィトンはバッグ、お財布、キーケース、一つ一つに製造年月日が刻まれますが中古になりますと買取価格はこの製造年月日によって価格が変わることはほとんどありません(新品や未使用品は変わってきます)。

ですが時が経つにつれ新しいデザインのバッグ、お財布などが次々と登場します。また同じモデルでもデザインが少し変わったりもします。ブランドバッグやお財布に関しては新しければ新しいほど高く売ることができます。もしかしたらまだ使うかも?と思いタンスの肥やしになるという事はとても勿体ないです!!限定モデルなどは例外ですが、定番シリーズなどは是非お早めにお売りください。

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら