ランゲ&ゾーネの魅力に迫る

作成日:2017年12月16日
最終更新日:2021年06月15日

ランゲ&ゾーネ

時計と言えば皆様はどこの国が盛んなイメージがありますでしょうか?日本ですか??やはりスイスというイメージがありますか??それとも他の国でしょうか??高級時計ブランドはスイスで誕生したブランドが多くありますが今回はドイツ生まれの高級時計ブランドのランゲ&ゾーネについて注目して行きたいと思います。

AX141105237643_TP_V

どうしてスイス発祥の時計ブランドが多いのか。

「どうしてスイス発祥の時計ブランドが多いのか。」のイメージ画像

少し話が脱線してしまいますが、ロレックスを始めパテックフィリップ、オーデマピゲ等多くの高級時計ブランドがスイス発祥なのですが、なぜスイスがここまで時計の1大生産地として発展したかについてお話ししたいと思います。これはあくまでも一説にはなりますが、その背景は1500年代と今から500年も前まで遡ります。1500年代と言えば日本は戦国時代ですが、当時ヨーロッパではフランス出身の”ジャン・カルヴァン”という神学者がとても強い影響力を持っていました。カルヴァンはキリスト教の改革指導者として現在でも語り継がれている方ですが、そんな影響力のあったカルヴァンが時計や宝石などの宝飾品を身につけるという事を禁止にしました。
その為、宝石商やその他装飾品に携わる仕事をしていた人は職に困り、スイスへと人が流れました。これこそがスイスが一大時計産地へと発展した理由なのです

ドイツブランドの特徴

「ドイツブランドの特徴」のイメージ画像

さてスイスが時計産地へと発展した理由を先ほど述べさせていただきましたが、この辺りで話を戻しましょう。ブランドやモデルによっても違いますので一概には言えませんが創業国によって、デザインや方向性などに違いを感じます。例えばイタリアのブランドと言えばブルガリが有名ですが、宝石を使用した華やかなでファッション性が豊なイメージがあり、スイスと言えば高級時計の証でもある複雑機構を搭載したブランドが多いイメージがあります。ドイツ時計のイメージと言えば男らしさがあり洗練された時計のイメージがあります。ランゲ&ゾーネもトゥールビヨン、パーペチュアルカレンダーと言った複雑機構を搭載している時計も手掛けておりますので、あくまでもブランドやモデルによって違います。ドイツ発祥の時計ブランドと言えば”ジン””グラスヒュッテ・オリジナル””エンハンス”などが有名です。

ランゲ&ゾーネ誕生。

「ランゲ&ゾーネ誕生。」のイメージ画像

ランゲ&ゾーネは略して”ランゲ”と呼ばれる事が多いのですが、とても歴史の長いブランドです。世界5大時計ブランドの一つとして数えられるほどの歴史と技術力があり、ドイツを代表する時計ブランドです。ブランドの名前は創業者のアドルフ・ランゲから取られており、年月の経過と共にランゲの歴史が積み重ねられ現在のランゲ&ゾーネと言うブランドネームになりました。

ランゲ1と同じくランゲを代表するサクソニア。

「ランゲ1と同じくランゲを代表するサクソニア。」のイメージ画像

シンプルなデザインが特徴的なサクソニア。モデル名のサクソニアとはランゲの創業生産地であるザクセン州のラテン語名でランゲ1同様に洗練されたデザイン、そして仕上げで絶対的な支持を得ております。手巻きタイプと自動巻タイプの両方がラインナップされておりお客様ご自身のスタイルに合わせてお選びいただく事が可能です。定価は自動巻の方が高くなっております。

新たにブルー文字盤が追加

「新たにブルー文字盤が追加」のイメージ画像

2017年。ランゲ&ゾーネのモデルにブルーの文字盤がラインナップに加わりました。それまでシルバー文字盤とブラックの文字盤展開でしたが、かなり完成度の高いこちらの文字盤が追加。紺と青の間の色合いでとても深みのある色合いです。視認性、高級感どれをとっても最高峰でランゲ&ゾーネの高い技術力と綿密な計画性を知ることができます。こちらの文字盤はランゲ&ゾーネを代表する”ランゲ1”と”サクソニア”の2ライン・4モデルにのみ追加され現在注目を浴びております。

最後に

「最後に」のイメージ画像

今回はドイツを代表するランゲ&ゾーネについてまとめさせていただきました。高級時計ブランドと言えばスイス発祥というイメージがあるかもしれませんが、ドイツ発祥の高級時計ブランドも多くあります。世界的にも知名度が高く、確固たる地位を築いているランゲ&ゾーネの時計コレクションをこれからも見続けて行きたいと思います。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら