ユリスナルダンの定番「クラシック」はもはや芸術品?その美貌とは

作成日:2018年10月13日
最終更新日:2021年06月15日

ユリスナルダン

ユリスナルダン時計画像

日本の「SEIKO」が目指した超複雑時計を手掛けるメーカー「ユリスナルダン」。

ユリスナルダンは、海との関りが強いことでも有名で、正確な位置や時刻の測定が必要不可欠な船舶用時計の分野において、正確性に優れた「マリン・クロノメーター」を開発するなど、天文時計分野でも大きな偉業を成し遂げました。

ガリレオガリレイで知られる「天文三部作」では、ギネスブックにも記録されているほど、世界規模でその技術レベルの高さが認められています。

そんなユリスナルダンから、定番コレクションとして根強い人気があるのが「クラシック」。

スポーツウォッチや天文時計に力を注いでいたユリスナルダンですが、クラシックコレクションでは、芸術品・美術品と言わんばかりの美しいフェイスが最大の見どころ。

そこで今回は、クラシックコレクションの魅力についてご紹介していきます。

クラシカルな雰囲気が魅力のコレクション

時計の画像
まずは、ユリスナルダンのアイコン的なモデルをご紹介していきます。

スイス時計の歴史を感じさせるようなベーシックな仕上がりに、海やヨットを思わせるマリンテイストが加わり、ユリスナルダンのオリジナリティ溢れるデザインとなっていますよ。

デュアルタイム マニュファクチュール

「デュアルタイム マニュファクチュール」のイメージ画像

ブランドのアイコンともいえるこちらは、完全自社製造のムーブメントが搭載されたモデル。

第2時間帯の調整ができることからも、世界を股にかけるビジネスマンや旅行家にも愛されています。

タイムゾーンクイック設定や、ビッグデイト表示、スモールセコンドなどが整列されており、バーインデックスによって非常にシンプルなフェイスに仕上がっています。

素材はステンレスやローズゴールドが展開されており、ダイヤルカラーも豊富です。

■価格:約110万円~300万円

クラシコ

「クラシコ」のイメージ画像

時間を確認するという、時計本来の役割を中心に考えられたモデル。

ダイヤルには、「グラン・フー」と呼ばれるエナメル加工が施され、ブルーやブラックなどの深みのある不透明なカラーが何とも魅惑的ですね。

また外見のエレガントさのみならず、実用的な心臓部も特長と言えます。軽量ながらに耐久性にも優れていることや、日付調節が迅速に行える点など、デイリーに身に着けたい時計と言えるでしょう。

針はクラシカルなリーフ型でローマンインデックスという、時計の王道デザインをユリスナルダン風に解釈したのが、定番クラシコなのです。

■価格:約110万円

ソナタ

「ソナタ」のイメージ画像

文字盤の中に繊細に配置された小窓が特徴的なデザインのモデル。

自社製の自動巻きムーブメントが搭載されており、実用面に特化している仕様となっています。

異なる国の時刻を表示できるデュアルタイム機能に加え、デイト表示、アラーム機能などと、正確な時間管理が必要なビジネスマンには最適な機能が装備されているのが魅力。

それでいて、見た目のシンプルなと高級感は、ユリスナルダンならでは。さりげなくセットされた「錨」のロゴマークによって、マリンテイストを感じられるのも面白いポイントです。

■価格:約300万円~530万円

独創的なデザインに注目したいコレクション

美術館の画像
続いては、文字盤のデザインがまるで芸術品のような、美しいデザインのコレクションをご紹介していきます。

細部までこだわり抜いた彫刻やカラーリングは、他にはない幻想的な雰囲気を感じることができるので、ドレスウォッチや鑑賞用として最適ですよ。

クラシコアメリゴ・ヴェスプッチ

「クラシコアメリゴ・ヴェスプッチ」のイメージ画像

世界30本という限定生産モデルとして登場。

海洋探検家として有名な「アメリゴ・ヴェスプッチ」にちなんで名づけられました。

文字盤にある活気ある船は、イタリアで最も尊敬される本格的なフリゲート型帆船へのオマージュであり、海と深い関わりのあるユリスナルダンだからこそ成しえた傑作品です。

ユリスナルダンの歴史や成り立ちを理解し、海への憧れがある人にこそ価値のあるモデルだと思います。気になる人はぜひ手にしていただきたいですね。

■価格:約530万円~730万円

ミニッツリピーター

「ミニッツリピーター」のイメージ画像

超複雑時計のパイオニアとして知られるユリスナルダンでは、チャイムで時刻を知らせたり、ボタンによって15分単位の時刻を知らせる「ミニッツリピーター」技術にも定評があります。

さらにはオートマタ式リピーターでもその名を知られているほど。単に時刻を確認するだけの道具ではなく、文字盤を動くオートマタ式仕掛け時計は、時計を愛する人にとってはマストアイテムです。ムーブメントを巻くたびに船や人が動く様は、つい見とれてしまいますよ。

文字盤には、海上の造船所が描かれたものから、愛し合う男女が描かれた官能的なものまで、オートマタ式ならではの美しいデザインが施されています。

■価格:約3600万円~4000万円

クラシコ ドッグ

「クラシコ ドッグ」のイメージ画像

2018年に戌年に合わせて、ドッグデザインのタイムピースを限定88本で発表。

勇敢で忠実、勤勉な犬は頂点を極めることができるとして、誠実さやリーダーシップ、友好的な関係を築くといわれています。

文字盤には、自然の中で自由に駆け回る犬の様子がエナメル装飾によって描かれており、色とりどりのエナメルを使用する「シャンルベ技法」と、深く不透明感のある色味が出る「グラン・フー」というエナメル技法を使用。

ケースサイズは40㎜と少しコンパクトで、見る人を惹きつけるような華やかさを放っています。クラシコの魅力が全て詰まったドッグコレクションは、ドレスを合わせて身に着けたくなる一本です。

■価格:約500万円

見る人に感動を与えるクラシックコレクション

女の人の画像
ユリスナルダンのクラシックコレクションでは、シンプルでクラシカルなデザインの物から、文字盤に魅惑的なエナメル加工を施したものや、オートマタ式仕掛けを施したものまで、見るに飽きないコレクションとなっています。

今回ご紹介した中に気になるモデルはありましたか?

他にも、たくましく美しい馬が描かれた「クラシコホース」や、ムーブメントの機能美が見える「スケルトン」、月の満ち欠けのように途中でインデックスの文字が無くなっている「ルナ」など、個性豊かなフェイスに胸が躍ります。

時計としての実用性を求める人も、芸術品のような感性を感じたい人にも、十分に満足することができる逸品と言えるでしょう。

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら