ミキモトの指輪はハイジュエラーとしての誇りがぎゅっと詰まっている

作成日:2018年08月03日
最終更新日:2021年06月15日

ミキモト

ミキモトの画像

100年以上の歴史があるジュエリーブランドのミキモト。
ミキモトが手掛けるアイテムの中でトップクラスの人気を誇る指輪。真珠やダイヤモンドをあしらったアイテムは豪華な雰囲気の中にも品のあるデザインが豊富に取り揃っています。
ブライダルから日常使いできるアイテムまで多くが揃ったミキモトの指輪の魅力をご紹介していきます。

ハイジュエラーとしての誇り

女性の画像

銀座に初の店舗をかまえた1899年を皮切りに、ロンドンやニューヨーク、パリと次々と世界へ出店をおこなってきたミキモト。
その実力は世界でも認められ、東洋唯一のハイジュエラーとしてミキモトは地位を確立しています。歴史、名声、また豊かな品揃えと技術など数多くの要素を兼ね備え、全ての条件を満たしたジュエラーブランドだけがその称号を与えられます。そんなハイジュエラーとしての誇りを持ち、崇高な精神で生み出されるジュエリーの数々は、身に着けた人自身も輝かす魅力を持っています。

真珠の指輪

ミキモトといえば、真珠といっても過言ではありません。そんな真珠をあしらった指輪をご紹介していきます。

PYR-1802U

「PYR-1802U」のイメージ画像

ミキモトの頭文字Mからイメージしてデザインされたというこちらのデザイン。ボリューム感のある豪華な雰囲気、また見る角度により表情を変わる特徴的なデザインが魅力です。

PR-1437U

「PR-1437U」のイメージ画像

Fortune Leaves Collectionとして発表されたデザイン。幸運をたずさえる風にゆれるクローバーが立体的に表現されています。指先を華やかにしてくれるだけでなく、幸運も運んできてくれるようなデザインです。

普段使いできるカジュアルなデザインも豊富

豪華で華やかな指輪が多いミキモトですが、カジュアルなデザインのジュエリーも販売しています。人気のデザインを数点ご紹介します。

PR-1477K

「PR-1477K」のイメージ画像

パールがぶら下がっている珍しいデザインの指輪。指を動かすたび、パールがころんと揺れて印象的です。

PR-1461I-

「PR-1461I-」のイメージ画像

グラスを持つ手に合わせて揺れるダイヤモンドが魅力的なピンキーリングです。パールとダイヤモンドの豪華な合わせでありながらも華奢なデザインが柔らかい印象を与えてくれます。

PR-1476K

「PR-1476K」のイメージ画像

パールを3連重ねたデザインリング。リング幅は最大約4mmと華奢な雰囲気でありながら、さり気なく存在感で指先を引き立てます。

永遠を誓う指輪

ミキモトの画像

真珠のイメージが強いミキモトですが、実はダイヤモンドも大変品質が高いことでも有名です。Criterion(クライテリオン)といったミキモト独自の判断基準を設定し、G.I.A.(米国宝石学会)の基準で選別されたダイヤモンドをさらに厳選します。そんな厳しい審査を通ったダイヤモンドは、高貴な輝きを放ちブライダルの指輪にぴったりです。

とくにダイヤモンドを終わりなく繋げて「永遠を誓う」という意味が込められているエタニティリングでは、ミキモトのダイヤモンドの輝きがより一層華やいでいます。
他にも結婚指輪や婚約指輪など、ブライダルに人気の指輪デザインをご紹介します。

結婚指輪

「結婚指輪」のイメージ画像

リングに施されたミルグレインと呼ばれる伝統的な飾り模様が繊細で美しいデザイン。中央にダイヤモンドを1石がポイントとなっています。ダイヤモンドがないものもあるので、同じデザインでありながらダイヤモンドのありなしを選べるため、結婚指輪の中でもとくに人気となっています。

婚約指輪

「婚約指輪」のイメージ画像

Mikimoto Mellia(ミキモト メリア)といって、花嫁の人生が輝かしく花開くことを願い名づけられました。素敵なモチーフだけでなく、アコヤ真珠を花のつぼみ、爪をガクに見立てた愛らしいデザインが魅力的です。

2人のこだわりを詰め込める!セミオーダーの婚約指輪

ミキモトの画像

もっとこだわりたい!2人だけの特別な指輪を作りたいという方にオススメなのでがミキモトのセミオーダー。デザインのセンスがある方や元からアクセサリーつくりが好きな方は可能ですが、フルオーダーでゼロから指輪をつくるのは結構大変です。だけど、夫婦となる2人にとって特別な指輪だからこだわりたい!みんなと一緒じゃいやだ!という方は、ミキモトでセミオーダーで婚約指輪を作ってみてもいいかも知れませんよ。

デザインを選ぶ

いくつかのミキモトが形成しているデザインから、1つお気に入りのデザインの指輪を選びます。11種類ほどあるので、自分の指にぴったり合うデザインを選ぶことができます。

ダイヤモンドを選ぶ

大きさや品質など、好みに合わせたダイヤモンドルースを選びます。予算を考えて調整できるのも良い点です。

クラフツマンによる作製

選んだリングのデザインとダイヤモンドルースを合わせ、バランスを調整します。熟練したクラフツマンだからこそできる技術です、ダイヤモンドが最大限に輝くよう爪の裏など隅々までこだわって作製します。

リングへの文字彫り

セミオーダーリングは記念日やイニシャルなどを刻印することも可能です。せっかくのこだわって選んだ指輪に、文字を彫ることで寄より一層スペシャル感が増すのではないでしょうか。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら