バリエーション豊富な珊瑚(サンゴ)の種類

作成日:2018年05月25日
最終更新日:2022年04月26日

サンゴ

 

underwater-珊瑚

出典 Pixabay

 

女性に大人気の珊瑚(サンゴ)。様々な意味を持つためお守り代わりに持っている方も多いと思います。

 

宝石としてアクセサリーに使用されている珊瑚(サンゴ)は、高級素材として重宝される存在。

 

そしてサンゴの種類は何百種もあるため、それぞれ特徴がありカラーバリエーションも豊富です。今回はどんな種類があるのか詳しく紹介します。

驚くほどある珊瑚(サンゴ)の種類

「驚くほどある珊瑚(サンゴ)の種類」のイメージ画像

みなさんご存知の通り、海に生息する「サンゴ」。サンゴはどこの海にもあって、それらはほとんど同じでは?と思っている方もいるかもしれません。

 

一般的に赤いイメージをお持ちだと思いますが、サンゴにもそれぞれ種類があるためカラーも豊富です。

 

現在の調査では、世界に800種類ほどのサンゴが生息していると言われています。

 

アクセサリーなどで使われているサンゴは、ハワイ沖や地中海、日本が主流。沖縄の海には約200種類と世界的に数多いサンゴが生息しており、高知県の土佐湾で取ることができる「血赤珊瑚」は世界でも高い評価を得ているため、日本のサンゴが注目されています。

本物の珊瑚(サンゴ)は数十万もの価格

「本物の珊瑚(サンゴ)は数十万もの価格」のイメージ画像

意外かもしれませんが、サンゴは価値あるぶん高価格な宝石です。

 

出店や格安アクセサリーショップで売っているようなサンゴのアクセサリーは、実は天然ではありません。

 

安くで販売されているものは加工されているイミテーション品の可能性があるのでご注意を。

 

本物の天然サンゴは白珊瑚やピンク珊瑚といった種類、また品質ランクにもよりますが、数十万ほどするのは珍しくありません。

宝石サンゴとは

高級アクセサリーなどで使われているサンゴは「宝石サンゴ」と呼ばれています。

天然素材として加工しなくても美しく、様々なカラーが存在。しかし、数少なくなかなか取ることができないので高価なものとされています。

種類は大きく分けて約7種類ほどになるそうです。今回はよく見かける人気の宝石サンゴの種類を紹介します。

赤サンゴ

「赤サンゴ」のイメージ画像

出典 Pixabay

一番よく見かけるカラーで馴染みがあると思います。

染色もせず綺麗な赤色で染まっている宝石サンゴは、摂取量が非常に少ないため高級品として扱われています。

日本では特に赤のなかでも赤黒さがあるカラーが最も最高級だと言われています。

海外でも採ることができますが、高知県沖(室戸)に生息している赤サンゴが世界でもトップクラス。

日本のサンゴは高騰しており、中国や台湾で人気が高いため、多く輸出されています。

桃色サンゴ

「桃色サンゴ」のイメージ画像

出典 Pixabay

赤色と同じくらい馴染みあるカラー。柔らかい雰囲気で女性に人気があります。

ピンクだけでなく、オレンジや赤サンゴに近い桃赤など幅広い色調を持っています。

高知県沖(宿毛)で摂取されるものが最も質が良いとされています。

ムラのないピンクの珊瑚(コーラル)は大変少なく、見つける方が難しいのだそう。

傷がなく、白が混じらない美しいピンク1色のものは希少なので高値が付きます。

白サンゴ

「白サンゴ」のイメージ画像

出典 Pixabay

希少性が高く、透明感ある美しい見た目が特徴。

中部太平洋の広範囲で採取されたり、日本で沖縄近海や土佐湾に生息しています。なかなか見かけないレアな宝石サンゴです。

珊瑚(サンゴ)は色によって様々な意味を持つ

豊富なカラーバリエーションは見た目だけでなく、それぞれの珊瑚に意味がありお守りにもなります。

今回は代表カラーの意味を紹介するので、購入する際の参考にしてください。

レッド

厄除け魔除けのお守りとして有名。また、血をイメージする艶ある赤黒いカラーは、血の巡りを良くして健康を保つ言い伝えもあります。

大人の女性らしさを演出できる深みある赤は、妖艶なイメージがあります。コーディネートのアクセントにもなります。

ピンク

「ピンク」のイメージ画像

イメージ通り、恋愛の効果があると言われています。また精神的に安定をもたらすため、癒し効果が強いです。

珊瑚と産後を掛けて安産祈願のお守りとして人気があります。

女性らしいカラーのピンクは、1つ身につけるだけで可愛らしい印象に。

ピンクコーラルを使用したブレスレットが非常に人気があります。

ホワイト

「ホワイト」のイメージ画像

純白のホワイトコーラルは滅多に市場に出回ることがなく、ほとんどがアイボリーカラーに仕上がっています。そのため、大変貴重な珊瑚。

幸福をもたらしたり、安らぎを与えてくれる効果があります。

江戸時代から親しまれており、当時はかんざしなどに使用されていました。

宝石サンゴとパワーストーンは違う

宝石サンゴとは違い、パワーストーンに使用されている珊瑚(サンゴ)は浅瀬で取ることができるサンゴを使用しています。

 

そのため、白や淡い色が多く染色をしているのが特徴。

 

染色をしているため、赤・ピンク・白以外にもオレンジ・青などカラーが豊富です。

 

様々なカラーを組み合わせたアクセサリーは芸術的な美しさがあり大人気です。

珊瑚(サンゴ)を高く売るなら買取エージェントへ

珊瑚(サンゴ)の種類を紹介しましたが、いかがでしたか?

買取エージェントでは珊瑚(サンゴ)を他社よりも高く買取いたします。

豊富な種類がある宝石の買取は、鑑定士の経験や知識が問われるジャンルであり、適正価格を算出するのが難しいとされています。

買取エージェントは買取専門店として業界トップの実績を誇り、確かな査定力を持った鑑定士が在籍。

国内外豊富な販路からベストなルートをお探しし、高価買取に導きます。

珊瑚をはじめとした様々な宝石、ブランド品、時計などを高く売るなら買取エージェントにお任せください。

無料査定、無料相談はラインやお電話、店頭よりお気軽にご利用ください。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら