ドーンブリュート&ゾーンとは?歴史や魅力を知ればきっと欲しくなる

作成日:2018年09月18日
最終更新日:2021年06月15日

ドーンブリュート&ゾーン

ドーンブリュートの画像

時計愛好家は注目しているものの、日本では滅多に見かけることのない時計ブランドが「D.DORNBLUTH&SOHN(ドーンブリュート&ゾーン)」。

購入ルートと生産量が限られていることから、なかなかお目にかかることができません。そのため、知らない方も多いでしょう。

そこで、D.DORNBLUTH&SOHN(ドーンブリュート&ゾーン)について徹底解説していきます!手に入るまでに1年でも待ちたくなる!時計の魅力や、ブランドの始まりをご紹介していきます。

ブランドのはじまり

ドイツ画像
D.DORNBLUTH&SOHN(ドーンブリュート&ゾーン)は、時計師のディーター・ドーンブルスと息子によって1999年にドイツで誕生しました。約40年前、ディーターは純銀製の懐中時計の修理をする仕事をしていた際に、懐中時計が好きになりました。

懐中時計からインスピレーションを受けて、丈夫な腕時計のデザインを始めます。そのデザインは2002年にベースにされ、最初の生産モデルとしてリリース。

2005年にはワークスペースを拡大するほど、需要が高くなり、大きな成長を遂げています。現在はドイツ北部のカルベに本拠を構えています。

ほっこりエピソード

息子のディークは、ブランド設立時にはすでに時計職人としての腕をもっていました。そのため、ディータが40年前にデザインした時計を実現させたのはディークでした。

ディークは父の60歳の誕生日に、40年前にデザインしたモデルをプレゼント!

ディーターが10代の頃に作れなかった忘れかけていたムーブメント案を、息子が実現させたことにとても喜んだ!というエピソードがあります。

時計の特徴

ドーンブリュートの画像

ドイツ時計は、シンプルが基本。時計本来の役割である「時間を見る」道具でしかないという考えのもの、装飾や多機能は無駄で、シンプルを追求するメーカーがほとんど。

D.DORNBLUTH&SOHN(ドーンブリュート&ゾーン)でも、シンプルなデザインのモデルをメインに展開。色使いもあまりなく、モノトーン色が基本。そのため、ビジネススーツとの相性は最高に抜群。まさに、デキル男性がもつ腕時計といえます。

また、機械では出せない温かみや高品質のムーブメントは、どこのブランドでも提供できるものではありません。D.DORNBLUTH&SOHN(ドーンブリュート&ゾーン)だからこそ、実現できる「真の腕時計」が存在します。

独自の製造

時計は大量生産をしているメーカーも多く、また、時代の変化に伴い新しい技術や機械を取り入れることが一般的です。しかし、D.DORNBLUTH&SOHN(ドーンブリュート&ゾーン)では伝統的な工具や器具のみを使用し、1つ1つ丁寧に製造しています。

外装からムーブメントまで、すべて自社で製造しているため、1本にかかる時間や手間は想像をこえるもの。そのため、ひと月に10本製造できるか、できないかのレベル!このように、数量に制限があり、年間生産は約120-180個とかなり少ない数であることが分かります。

「精密で高品質の時計を、数量限定でハンドメイドで製造している

」と言われると凄く高い価値を感じます。実際に持ってみなければ分からない魅力もありますが、見ているだけでも世界の時計愛好家が注目する理由が分かる気がしますね!

ドイツ式ムーブメント

時計の画像

ムーブメントも自社で製造しているD.DORNBLUTH&SOHN(ドーンブリュート&ゾーン)は「グラスヒュッテ様式」を採用。

これはドイツ製の高級時計に見られるムーブメントです。

では、グラスヒュッテ様式の特徴について、詳しく見ていきましょう。

□4分の3プレート

ムーブメントの4分の3をプレートで覆い、頑丈に作られていること。さらに、高精度で美しい見た目に仕上げるには、かなりの技術ある職人にしか作られない仕様になっています。

これは歯車などの部品を、板で支えることで、安定性を持たせることができます。

□ネジ留めシャトン

歯車の軸受けに、ダイヤモンドなど受け石を金属のリングで固定するものをシャトンと呼びます。これは装飾の意味合いで強め。時計のフェイスがシンプルな分、ムーブメントの細かな装飾がとても映えます。

□ジュネーブストライプ

帯状の縞模様に装飾されたプレートのこと。凸凹になった縞模様は、光の当たる角度により、様々な美しい輝きを楽しむことができます。

グラスヒュッテ様式のムーブメントは、ドイツ時計最大の魅了!

圧倒的な美しさに、ドイツ時計が好きになりますよ!

まとめ

時計の画像

D.DORNBLUTH&SOHN(ドーンブリュート&ゾーン)の歴史や時計の魅力をご紹介しましたが、いかがでしたか?

なんといっても、世の中の流れに乗らず、独自の製造を続ける姿勢に心を打たれますよね。生産性を重視するのではなく、1つ1つに想いが込められていることに大きな価値を感じますね。

日本で購入する場合は、オーダーをして1年ほど待たなければいけません。

しかし、待った分だけ大きな価値を得ることができますよ。

少しでも気になった方は、ぜひどんなモデルがあるのか、チェックしてみてくださいね!

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら