ドイツが誇るJUNGHANS(ユンハンス)のクォーツ式腕時計

作成日:2018年10月16日
最終更新日:2021年06月15日

ユンハンス

ユンハンスの時計画像
高級時計の生産地で有名なスイスですが、ドイツ時計も負けていません。特におすすめしたいブランドが「JUNGHANS(ユンハンス)」です。定番アイテム「マックスビル」は世界でも高く評価されているため、知っている方も多いかもしれません。

しかし、日本ではまだまだ認知度が低めのブランド。そこで、JUNGHANS(ユンハンス)の魅力をご紹介します。また、人気モデルもお伝えしていくので、購入前の参考にいかがでしょうか。クォーツ式と機械式どちらも展開していますが、今回はクォーツ式をメインに厳選しました!

JUNGHANS(ユンハンス)のクォーツ誕生

ユンハンスの時計画像
1968年にセイコーがクォーツ時計を販売したことで、世界の市場を占領します。世界中でクォーツ式の人気が出たことにより、機械式時計の需要が減少。しかし、JUNGHANS(ユンハンス)は1970年にはドイツで初のクォーツ式時計を発表したことで、ライバル社との戦いに勝ち、時代の流れに乗ることができました。常に最先端を意識し、流れを読むことが上手だったこともあり、勢いに乗ることに成功しました。

クォーツ式と機械式

時計 画像
クォーツ式と機械式どちらも魅力的。選ぶ際は嗜好によって大きく分かれると思いますが、それぞれのいい所、また難点もチェックしながら、クォーツ式の魅力に迫ります

アバウトに説明すると、機械式がゼンマイが動力で自動巻・手巻きの2種類あります。そして、クォーツ式は電池が動力になって時計を動かしています。

機械式のメリット

・機械式にしか味わえない楽しさ
・分解修理が可能
・長く使える
・維持費が安い

クォーツ式のメリット

・高精度
・誤差が少なく正確
・磁気に強い

機械式のデメリット

・誤差が生まれやすく正確さに欠ける
・ゼンマイを巻き忘れると止まる
・磁気や衝撃に弱い

クォーツ式のデメリット

・修理が不可能なが多く、資産価値が乏しい
・複雑な機能が搭載できない

現在はクォーツ式が主流になっていますが、機械式も再注目されています。

巻く作業が楽しいと思える、一生ものの時計が欲しい方は「機械式」がおすすめ。今回はクォーツ式をピックアップしていますが、JUNGHANS(ユンハンス)では機械式も魅力的。ぜひチェックしていただきたいです!

毎日使う人にとっては、クォーツ式がおすすめ。誤差が発生しにくいため、「時間が命」である働く人にとって、高精度で正確な時刻を表示してくれるクォーツ式を選ぶことが最適だと思います。では、JUNGHANS(ユンハンス)の人気クォーツ式時計をご紹介していきます。

モデル①フォームコレクション「041 4885 00」

ユンハンスの時計画像
クラシックとモダンが融合した、2017年発表の最新コレクション「フォーム」より〝041 4885 00〟をご紹介します。

ホワイトの文字盤にアラビア数字で書かれたインデックス、デイト表示、3針と無駄のないフェイスが特徴。クラシカルな文字盤ですが、明るい色味のグレーカーフブレスが、全体の印象を華やかに!また、身に着けた際には大人上品に演出することができますよ。

ケースサイズは39mmと男性からすればコンパクトなサイズではありますが、ベゼルが薄い分、文字盤が広く感じ、腕元に着用しても存在感を放ちます。

カジュアルファッションのちょっとしたアクセントともなり、ビジネスシーンでも使い回すことができる万能アイテムです。お値段は税抜価格で¥58,000と、お手頃な価格設定だと思われます。

モデル②マックスビルコレクション「041 4461 00」

ユンハンスの時計画像
ブランドの顔である定番コレクション「マックスビル」より、ちょっと渋めの大人カッコイイモデル〝041 4461 00〟をご紹介します。

アンティーク感が強い文字盤に、ブラウンのカーフブレスで落ち着いた印象の強いデザインに仕上がっています。バウハウスの出身で、偉大なデザイナーであるマックスビルがデザインしたコレクション。そのため、実用性を重視し、誰でも使えるシンプルさが追求されています。

しかし、地味にならずに腕元に身に着けると、しっかりとインパクトがあるところが、JUNGHANS(ユンハンス)、そしてマックスビルコレクションの魅力です。

ケースサイズは38mmなので、ユニセックスで使うことができます。スーツ姿にも合う、ビジネスライクな仕上がり。また、高精度なクォーツ式ですが、税抜価格で¥89,000と手に入れやすいですと思います。

モデル③パフォーマンスコレクション「018 1133 44」

ユンハンスの時計画像
JUNGHANS(ユンハンス)では珍しい電波式時計。クラシカルなモデルが多い中、モダンなデザイン、そして最新技術を取り入れた現代的ウォッチに仕上がっています。

三大陸での正確な時刻合わせができ、環境にも優しいソーラーテクノロジーを融合させたことで、利便性を向上させています。

スポーティー&スタイリッシュなデザインで、男らしい腕元を演出。ブラックベースのシンプルな腕時計のため、シーン・ファッション選ばず、いつでも着用することができますよ。

ケースサイズは40.4mmで、バーインデックスとデイト表示のみのフェイスで、視認性を上げます。同じタイプで、文字盤のインデックスがアラビア数字の「018 1132 44」はよりシックな印象を持っています。お値段は、両モデル税抜き¥180,000となります。

まとめ

男性 時計 画像
JUNGHANS(ユンハンス)のクォーツ式モデルをご紹介していきましたが、気になるモデルはございましたか?高精度で常に正確な時刻を刻み続けてくれるので、毎日使う人におすすめです。デザインもシンプルで、モノトーンカラーが多いので、ビジネスライクですよ。ぜひ、ビジネス用ウォッチをお探しの方は、JUNGHANS(ユンハンス)で!

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら