トノウカーベックスの進化形とも言われているフランクミュラー ヴァンガード

作成日:2017年04月25日
最終更新日:2020年04月07日

フランクミュラー

ヴァンガードの画像

FranckMuller(フランクミュラー)といえばトノウカーベックスを思い浮かべる人が多いでしょう。本日はそんなトノウカーベックスをさらに先に進めたモデルといってもいいFranckMuller(フランクミュラー)のヴァンガードを紹介したいと思います。FranckMuller(フランクミュラー)の中でも人気が高く、現在も注目されているモデルですよ。ぜひ最後までご覧ください。

ヴァンガードとは

「ヴァンガードとは」のイメージ画像

FranckMuller(フランクミュラー)というブランドが誕生して約四世紀半がたちます。これまで数々の魅力的な腕時計を世に送り出してきましたよね。その中でも最も印象的なのがトノウカーベックスです。1990年代にこの腕時計が誕生したときは世界に衝撃が走りました。誰もがその見た目に新しさを感じたことでしょう。その後もFranckMuller(フランクミュラー)からはたくさんのモデルが登場しましたが、やっぱりFranckMuller(フランクミュラー)といったらトノウカーベックスなんです。トノウカーベックスはただ新しいだけでなく、そこには時計製作の伝統を継承した要素もたくさんちりばめられています。例えばケースはアールデコの影響が残っており、ダイヤル上のインデックスにはアンティーク時計に用いられたビザン数字が並んでいます。
こんな魅力的なトノウカーベックスを進化させたのが、今回紹介するヴァンガードです。同じトノウ型のケースで、一見するとトノウカーベックスが力強くなったような印象ですが、よく見ると違いもたくさんあります。まずケースのラグをなくしています。これはトノウ型のフォルムをより美しく引き立たせるための処理だということです。ストラップの取り付け位置もケース内部に没入させて、外からはわからないように設計されています。これによってケースとストラップの一体感が出て、装着感もよくなっています。ダイヤル上では、そこに配された文字などが立体的に作られています。インデックスはフレームで形づくられた立体的なアラビア数字で、ビザン数字ではなく、エッジの立ったデザインの数字です。これによってダイヤルに奥行を出し、力強い印象がさらに増しています。

よりさわやかなモデル

「よりさわやかなモデル」のイメージ画像

こんな力強いヴァンガードですが新しくホワイトダイヤル&ホワイトストラップという爽やかなモデルが加わりました。今まではブラックダイヤルのモデルが多かったのですが、ホワイトが加わったことでよりソフトな印象になりました。ちょっとヴァンガードを持つのは厳しいかなと思っていた人もホワイトなら爽やかに付けられるのでいいですよね。ソフトな感じのモデルが好きな人にはもってこいです。
今までトノウカーベックスはトノウ型ケースの完成形だと言われてきました。しかしFranckMuller(フランクミュラー)はその後もヴァンガードのような新モデルをいくつも輩出しています。今後もこれを超える存在が出てくるのか、ヴァンガードを含めて注目し続けたいですね。

ヴァンガードグラビティ

「ヴァンガードグラビティ」のイメージ画像

独創的な時計を作り続けるFranckMuller(フランクミュラー)ですが、2015年にはもっとも得意とするトゥールビヨン機構を装備する画期的な新作を世に送り出しました。これが「ヴァンガードグラビティ」です。この新作トゥールビヨンは世界最大級のキャリッジを持つギガトゥールビヨンです。5秒で1回転する世界で最速のサンダーボルトトゥールビヨンに続くトゥールビヨン新三部作の一つに位置付けられています。
名前のグラビティですが、重力を意味する言葉で、FranckMuller(フランクミュラー)はこの新作においてまるで地球の重力から解放されたような浮遊感を表現したんです。まず目を引くのが、なんといってもダイアルのほぼ半分を占める開口部から見える巨大なトゥールビヨンですよね。この大きなトゥールビヨン機構は湾曲したX型のブリッジに支えられ、60秒で一回転します。この回転機構によってテンプとひげせんまいにかかる重力の影響を分散・均一化し、より高い時間制度を実現することが可能になっています。そしてこのトゥールビヨンは惑星が自転しながら太陽の周りを公転するかのような複雑な動きをするのが特徴。その精妙な動きは私たちの心を魅了します。

今後もヴァンガードに注目

「今後もヴァンガードに注目」のイメージ画像

以上ヴァンガードについてみてきました。FranckMuller(フランクミュラー)を代表するトノウカーベックスの進化形とも言われ、非常に注目されているモデルです。斬新で革新的なモデルを世に輩出し続けるFranckMuller(フランクミュラー)ならではのモデルだと思います。今も新しいシリーズが出続けていて、今後もまたなにか新しいことをやってくれるのではないかと期待が集まります。こんなヴァンガードから目が離せませんね。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら