エルメスのガーデンパーティ|マザーズバッグや通勤に!

作成日:2017年01月08日
最終更新日:2021年10月28日

エルメス

エルメスガーデンパーティーの画像

 

エルメス(HERMES)と言えばバーキンやケリーのイメージが強いかもしれませんが、実は持っている女性が多いのがガーデンパーティー(Garden Party)なんです。気取らないのにかっちりとしたきちんと感があり、極めてシンプルなデザインのガーデンパーティは毎日気軽に使えることから通勤、通学用にとっても人気のシリーズです。ハイブランドの中でもぐんとカジュアルなデザインなので、多くの人が手に取りやすいのではと思います。

 

今回はそんなガーデンパーティーの特徴や魅力に迫ります。サイズ比較も兼ねていますので、是非あなたにピッタリのガーデンパーティをイメージしてみてください!

 

 

エルメスのガーデンパーティーとは

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Hermès(@hermes)がシェアした投稿

ガーデンパーティーはその名の示す通り、園芸用品を持ち運ぶために作られたバッグでした。そんなガーデンパーティは今やとても機能性や使い勝手の良いトートバッグとして高く評価されています。

元々上流階級向けの馬具用品を取り扱っていたエルメスは、様々なニーズに合わせたバッグを作る技術にも長けていました。園芸用品を入れられるよう、高い収納力、取り出しやすい口、汚れても手入れのしやすい素材を使うなどの工夫がなされおり、これらの機能は園芸用品のみならず普段荷物をたくさん持ち歩く方なら嬉しいと感じる機能ですよね。また、日本ではガーデンパーティーが人気ですが、エルメスには本来「ガーデン」という名のバッグがありました。「ガーデン」の中の「ガーデンパーティー」というシリーズが人気となり、知名度も上がったというわけなんです。

ガーデンパーティーの特徴と使い勝手について

ガーデンパーティは軽くて丈夫でシンプル、という使いやすさがあり、用途を問わずヘビーユーズしている声が多く聞かれます。またユニセックスなデザインなので男性にも好まれているようです。

 

そんなガーデンパーティの根強い人気の理由を特徴を交えて解説していきます。

高い収納力が魅力

「高い収納力が魅力」のイメージ画像

ガーデンパーティーはとにかく高い収納力が魅力!

横長で長方形に近い台形フォルムは、何を入れるにも収まりやすいです。

通勤、通学に人気の高いバッグなのも頷けますね。

ノート、パソコン、お弁当まで、このバッグ一つになんでも放り込むことができます。

内ポケットもついているので、サッと取り出しやすいものを入れておくと便利です。

キャンバス素材でラフ、カジュアルな風合いに

「キャンバス素材でラフ、カジュアルな風合いに」のイメージ画像

ガーデンパーティの素材はエルメスのアイテム内では特徴的です。

革製品がメインのエルメスのバッグの中で、ガーデンパーティーは珍しくキャンパス地を使用しているものが多いです。

キャンパス地であることによって一気に印象がカジュアルに。

いかにもブランド品という印象を与えず、さらりとした高級感を纏い、こなれた印象を演出。

また、革製品と違いお手入れがしやすいのも利点です。

革と違ってキャンバスは傷が付きにくいので、まさにデイリー使いには持ってこいのアイテムです。

エルメスのバッグは女性の憧れですが、いきなり高価なものを購入してしまうと使うタイミングや使いこなしができずタンスの肥やしになってしまうこともしばしば。

まずは、ガーデンパーティーのような使い勝手抜群のエルメスアイテムだと間違いないでしょう。

マザーズバッグや通勤にも

「マザーズバッグや通勤にも」のイメージ画像

ガーデンパーティは、実はマザーズバッグとしても人気です。

軽くて丈夫、収納力が高いことが勿論選ばれる理由ですが、やっぱり何よりママになってもハイブランドアイテムを取り入れたい!

そんな思いがあるのではないでしょうか。

子育て中は何かと荷物がかさばります。

予想外の出来事も多いので、そんな時に備えてあれもこれもとバッグに入れたいものは沢山!

ガーデンパーティはシンプルでさりげないデザインなので、通勤用にも使えます。

モノグラムやロゴが入っていないシンプルだからこそ、使い回しの良さもピカイチ。

とっておきなのだけど、毎日気兼ねなく、おまけに長く使えるという素晴らしいバッグでしょう。

フォーマルなシーンにはネゴンダがオススメ

「フォーマルなシーンにはネゴンダがオススメ」のイメージ画像

そんなエルメスのガーデンパーティーですが、やはり天下のエルメスというとフォーマルなイメージをお持ちの方も多いはず。

どうせエルメスを買うなら、きちんとした場にも連れていけるアイテムが欲しいなぁと思う方にとっては、キャンパス地のガーデンパーティーはカジュアルすぎるのが問題点かと思います。

ですが、ガーデンパーティーにはオールレザー素材もあります。

ネゴンダは上質なレザーを使っており、形や使い心地はそのままに、一気に気品高い雰囲気を演出できます。

カラーバリエーションも豊富ですが、サイズは小ぶりなものが人気のようですね。

普段はキャンパス地のガーデンパーティー、きちんとしたいときはネゴンダのガーデンパーティーと使い分けてみてはいかがでしょうか。

ガーデンパーティはリーズナブルな価格帯

「ガーデンパーティはリーズナブルな価格帯」のイメージ画像

一流ハイブランドであるエルメスは、他のブランドに比べると全体的になかなかお値段が張ります。

数あるブランドの中でもワンランク上である証拠です。

エルメスの看板ともいえる、バーキンやケリーだとまず手が出せる人がいないでしょう。

そもそも、一般では手に入らないなんてことも言われています。

その他のシリーズでもエルメスのバッグは大体50~100万円以上が普通です。

エルメスのガーデンパーティになると、その価格帯はぐっと下がり、正規店や中古で常に手に入ります。

30~40万円からの定価は、手が届くラインではないでしょうか。

ガーデンパーティーのサイズ

ガーデンパーティーは、使い方などによってサイズを選ぶことができます。収納力があるので思っているよりも小さめのサイズでも事足りるかもしれませんn。

TTPM

横幅26cmのコンパクトなガーデンパーティー。

ころんとしたフォルムが可愛らしく、日常使いというよりかはこまごまとした小物を入れてサブバッグのように使う方が多いようです。

TPM

横幅32cmのガーデンパーティー。

ちょっとしたお出かけなら充分なサイズです。

ショルダーバッグとしても利用できるようになっているため、デートなんかにも大活躍しそうですね。

つい荷物が多くなってしまって小さな可愛いバッグを持てないという方にもおすすめのサイズです。

PM

横幅36cmと、ガーデンパーティーの中で最もメジャーなサイズです。

「PM」と言わなくても、ガーデンパーティーと言えばこのサイズと分かるほどメジャーとなっています。

このサイズになると充分ものが入りますので、通勤、通学には持って来いになっています。

無難なサイズですので、女性へのプレゼントにも人気が高いんですよ。

MM

横幅38cmで大きめのガーデンパーティー。

PMと少ししかサイズの変化がありませんので、こちらを選ばれる方も多いです。

PMとMMで迷っているという方は、実際に手に取ってみてどちらの方がしっくりくるか、鑑に映ったとき映えるのはどちらかなどで確認してみるといいですね。

GM

横幅50cmのビッグサイズなガーデンパーティー。

「ガーデン」とだけ呼ばれることもあります。

本格的に荷物が多いスタイリストの方など、エディターズバッグとして使われることも多いです。

旅行、出張にも対応してくれますよ。

大きくて丈夫なので、色々なところへ連れていきたくなりますね。

ですが、日本では取り扱いが少なく、実物を見て購入するのは難しいかもしれません。

まとめ|エルメスを売るなら買取エージェントまで

ガーデンパーティーはエルメスの中でもカジュアルで持ちやすく、気兼ねなく使える便利なバッグです。でも、使えばコーディネートをアップデートしてくれる品の良さもありますので、持っていて損はないアイテムですよ。

エルメスのガーデンパーティーを持って、軽やかな気分でお出かけしちゃいましょう。

またガーデンパーティを始めとしたエルメスを売るなら買取専門店「買取エージェント」をご利用ください。

弊社はエルメスの買取実績が多数あり、市場価格に精通した経験豊富な鑑定士がお客様の大切なお品物をどこよりも高くお買取させて頂きます。

手数料などは一切頂きませんのでお気軽にお申し付けくださいませ。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら