エルメスのバーキンを高く買取してもらう方法とは!?

作成日:2019年10月24日
最終更新日:2021年06月15日

エルメス

500_ip-hem-ba-l-02624_0エルメスのバーキンといえば、高級ブランドバックの代名詞ともいえますよね。

バーキンは中古買取市場では需要が高く、積極的に買取が行われています。

今回は、少しでも高額査定や高額買取にする方法とコツについて紹介します。

エルメスのバーキンを高く買取してもらう方法とは!?

【1】付属品はすべて用意する

「【1】付属品はすべて用意する」のイメージ画像

エルメスのバーキンに限ったことではありませんが、ブランドバッグは付属品が多いほど高値で買取してもらえる可能性が高くなります。

なかでもエルメスカラーの箱は人気で、これだけでも欲しいという方は多くいます。

他にも保存袋やクロシェット、タグなど、購入時にあったものはできるだけ多く用意するのがコツです。

また、同時に購入した別売りのアクセサリー類などもあれば、一緒に査定に出すのがおすすめです。

別々に査定に出すとアクセサリー類はあまり高くなりませんが、セットにすることで査定評価は高くなります。

【2】きれいな状態にしてから査定に出す

「【2】きれいな状態にしてから査定に出す」のイメージ画像

査定の際は汚れやなどの確認もおこないます。

使用感の残った状態よりも、手入れの行き届いたきれいな状態の方が自然と査定はよくなります。

専用クリーナーでさっと拭くだけでもツヤが違ってきますので、ひと手間かけてバッグの内外をきれいにしておきましょう。

なかには使用感がひどく、状態のよくないケースもあるでしょうが、人気の高いエルメスのバーキンなら買取の対象となる可能性は決して低くありません。

ただ、修理してしまうと反対に価値が下がることがあります。

エルメスのバーキンに関しては、汚れなどは落としても、必要以上に手を加えないことも査定の大切なポイントです。

【3】早めに査定に出す

「【3】早めに査定に出す」のイメージ画像

販売から年数が経過していないほど査定評価は高くなります。

とくに、新品としての評価になる「製造から2年以内」は高価買取のキーポイントです。

経過年数による査定評価の分かれ目として、「2年以内」「5年以内」が目安になります。

とはいえ、人気の高いバーキンは、ある程度年数が経過していても買取対象になるケースが多々あります。

あきらめずに一度査定だけでもしてもらってみてください。

また、金具部分のシールが貼ってある状態も未使用品として高査定のポイントになります。

シールが残っている場合は、そのまま残して査定に出しましょう。

エルメスやバーキンを専門に扱っている店舗を利用する

「エルメスやバーキンを専門に扱っている店舗を利用する」のイメージ画像

買取業者には、それぞれ得意とするジャンルやブランドなどがあります。

エルメスのバーキンを専門的に扱っているような業者ならば、独自の販売ルートを持っているため、高値での買取が期待できます。

また、プレミアムなどの付加価値も買取額に反映されやすいというメリットがあります。

査定の際は、エルメスのバーキンを多く取り扱っている業者に優先的に依頼してみてください。

高く買い取ってもらいやすい3つの特徴をチェック

【1】需要の高いサイズとカラー

「【1】需要の高いサイズとカラー」のイメージ画像

エルメスのバーキンには、高額査定になりやすいポイントがいくつかあります。

一通り確認して、査定してもらう品の選定や買取額の交渉などを有利にすすめるのに役立ててください。

まず確認しておきたいのは、人気のサイズとカラーです。

25・30・35の3サイズです。

なかでも30・35は容量が確保でき、ビジネスからパーティーシーンまで幅広く使えます。

ただし海外では40・45辺りの大きめサイズも人気です。

カラーはシーンを選ばないブラックの評価が高くなりやすいです。

次に、肌なじみのよいオレンジグレーなどのカラーもコーデしやすく人気があります。

一方で、発色のよいターコイズ女性らしいピンクも一定の人気があり、とくに外国人からの評価が高いのが特徴的です。

 

サイズ・カラー共に業者の販売ルートが国内向けなのか、海外向けなのかによって評価が分かれるため、事前にリサーチしておくか、複数の業者に査定依頼するのがおすすめです。

【2】プレミアム価格になりやすい素材

「【2】プレミアム価格になりやすい素材」のイメージ画像

クロコダイルオーストリッチなどのバーキンは、牛革よりも高級感があり高値になる傾向です。

希少性もあるため、市場でも常に品薄です。

購入から年数が経過していても、それなりの査定額が期待できます。

刻印でわかる購入経緯

「刻印でわかる購入経緯」のイメージ画像

自分で購入したエルメスのバーキンならば、どのような場所で、あるいはどのような経緯で手に入れたかはもちろんわかります。

しかし、なかには長く愛用していたプレゼント品の処分を考えている方もいるでしょう。

そのような場合は、刻印から高額査定になるかどうかの判断ができることがあります。

今回注目したいのは、数字やアルファベットの通常刻印ではなく3つの記号です。

 ・馬蹄…パーソナルオーダー品

 ・スター(流れ星)…「スターマーク」と呼ばれる刻印で、エルメスの関係者用につくられた品

 ・S…アウトレット品

馬蹄マークのパーソナルオーダーはオリジナル仕様のため、プレミアム価格がつく可能性があります。

同じくスターマークも、業者間では値が付けにくいとの声もありますが、一般に出回っていないデザインもあり、プレミアム価格になる可能性が十分にあります。

一方のSマークはアウトレットなどのセール品を示すため、高値は期待できません。

なお、バーキンの打刻の位置は製造年によって異なり、クロアベルトの裏か内側のベルトの近くで見つけることができます。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら