ウブロ(HUBLOT)の手入れ方法

作成日:2017年03月20日
最終更新日:2020年04月07日

ウブロ

ウブロの画像

 

高級時計で有名なウブロ(HUBLOT)。そんなウブロ(HUBLOT)を買うからには長い間使い続けたいですよね。そのために日々のお手入れは大事になってきます。また、万が一買取に出すということがあるかもしれませんのでその場合に備えても、手入れはマストです。今回はそんなウブロ(HUBLOT)の時計の手入れ方法をお伝えしていきたいと思います。

掃除する場所は?

「掃除する場所は?」のイメージ画像

腕時計の手入れはウブロ(HUBLOT)に限らず、全体的に共通している点が多いです。まずは腕時計の基本的な手入れ方法についてお伝えしていきます。腕時計のメンテナンスは日常的にご自身でできる手入れと、内部機械の調整やパーツ交換など専門家に行ってもらうべき作業があります。
まず、自宅での手入れは腕時計の外装をきれいに保つことがほとんどの目的です。腕時計は普段長時間身に着けるものですから、確実に汚れてくるものです。特に肌が直接触れるものなので、皮脂によるべたつきで余計に汚れやすくなってしまいます。はじめは気にならない汚れもだんだんと溜まってきて、腕時計本体がどんどん劣化していきます。それが最終的に腕時計のサビにつながってしまうんです。これは普段よく見えない細かいホコリや汚れがたまって起こるものなので、外装のお手入れは一時的な見栄えのためでなく、長期的に美しく保つために行うものだという意識を持ちましょう。見えない部分が大事だということです。
掃除するときは腕時計の表の部分よりも、直接肌に触れる裏側の部分を重点的に見てみてくださいね。また見落としがちですが、時間調節ねじのところもさびやすい場所です。電波時計なんかだとそのあたりの掃除は不要ですが、定期的にリューズをくるりと回転させ、それから汚れを落としていきましょう。

掃除方法

「掃除方法」のイメージ画像

続いてどのように掃除するかということです。防水加工の時計だとついつい丸ごと洗いたくなってしまいがちですがそれはダメです。なぜなら洗った後に水分が付着したままになっているとそこが錆の原因になってしまうからです。だからといってドライヤーなんかで乾かしても、温度変化のせいで時計に負荷がかかってしまいます。
汚れをとるためにはなにも着けていない、柔らかい布で優しく拭き取るようにしてください。細かい部分は綿棒やハブラシを使うと取りやすいですね。このように普段見えないようなところも注目しながら、正しい方法で手入れしていれば時計をきれいな状態で長期間使い続けることができます。また自分だけの手入れだけでなく部品交換など専門家の手も借りてください。4~5年が目安と言われています。

ウブロ(HUBLOT)の時計の手入れ

「ウブロ(HUBLOT)の時計の手入れ」のイメージ画像

基本的な腕時計の手入れ方法を見たところで、ウブロ(HUBLOT)の特徴を踏まえながらどのように手入れするのがいいのかをお伝えします。
まず腕時計のカレンダー機能を自分で進めたりして、歯車の精度をチェックしてみましょう。始めはきれいに動きますが歯車の動きが鈍いなと感じたらこれはお店に見てもらわないといけないかもしれません。放置しておくと故障にもつながるので定期的にチェックしてくださいね。
ウブロ(HUBLOT)の時計は基本的に防水機能がついています。腕時計の防水パッキンやねじの状況が悪いとこの機能も鈍ってしまうので定期的に交換するようにしましょう。目安として2~3年に一度はしっかりお店でチェックしてもらうのが良いようです。特に毎日8時間以上装着する人は使用時間も長いので気を付けてみてくださいね。防水だからといって水しぶきや雨に打たれたりしていると、防水機能も衰えてくる可能性が大きいのでそのあたりもよくみてあげてください。
最後に普段から置く場所を工夫することができます。日にあたり過ぎる場所はあまりよくありません。また強い乾燥剤や防虫剤の近くに置くのも良くないとされています。あとは普段から皮脂のせいで汚れている部分を拭き取って、綺麗に置いておくようにしましょう♪

保証書や付属品

「保証書や付属品」のイメージ画像

最後に手入れとは少し違うかもしれませんが、保証書や付属品は絶対に置いておきましょう。ウブロ(HUBLOT)なんかの高級時計メーカーだとしっかり保証してくれますが、保証書がなくては意味がありません。また買取に出すときもこういった付属品があると余計に高額で買取してもらいやすくなります。時計は保証書や付属品なども全て含めて時計だと思っておいてくださいね。

時計の手入れは丁寧に!

「時計の手入れは丁寧に!」のイメージ画像

以上ウブロ(HUBLOT)の時計の手入れ方法についてみてきました。高級時計を買うと、長い間使い続けたいですよね。しかし時計なんかは日々つけるものですので劣化していくのも早いです。日々コツコツと手入れしていくことが大事ですので、見た目だけ汚れていないからいいやと思うのではなく、細かいところも丁寧に手入れしていってくださいね。そうすればウブロ(HUBLOT)の時計も長年輝き続けることができます♪みなさんも正しい手入れ方法を知って、毎日かっこいい時計を身に着けてください。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら