アンティーク時計を求める方に。ロレックス-エアキングが狙い目?

作成日:2018年08月13日
最終更新日:2021年06月15日

エアキング

ロレックス-エアキング画像

 

世界的にも歴史の深いスイスの高級時計ブランド「ROLEX(ロレックス)」。数ある名作モデルを生み出しているブランドだけあって、アンティーク時計にも絶大な人気を誇っています。

 

限定モデルなどはプレミアがついていてとても手に入れられないものもありますが、「エアキング」であればアンティーク時計でも比較的手に入れやすい価格なのです。エアキングは1940年代にスポーツモデルとして登場し、何度かマイナーチェンジを行っていますが、その中でも一番のロングセラーとなったのが初代の「Ref.5500」。1940年代後半~1988年という約44年間も製造されたモデルなので、アンティーク時計として手に入れることもできるモデルです。

 

しかし、ROLEX(ロレックス)のスポーツモデルのアンティークは、どんどん値段が上がってきているのも事実。購入するのを諦めている人も多いのでは?そこで今回は、ROLEX(ロレックス)でアンティーク時計をお探しの人のために、エアキングのRef.5500がいかに狙い目なのか、魅力をお伝えしたいと思います。

そもそもアンティーク時計とは?

ロレックス-エアキング画像
アンティーク時計と聞けば、古くて価値のあるものというイメージですが、厳密には1970年以前に作られた時計のことをアンティークと呼ぶのが一般的。

しかし、最近では30年以上経った時計もヴィンテージ時計とカテゴライズされることも多くなり、厳密な年代は定められていないようです。

今回のエアキングRef.5500では1950年~1990年頃まで製造されたモデルなので、古いモデルであればアンティーク時計として手に入れることができるというわけです。

アンティーク時計の魅力

女性の画像
なぜ古いものが良いのかと思う人もいるかもしれませんが、アンティーク時計には現行モデルでは味わえない魅力が詰まっています。やはり一番の魅力はデザインと言えるでしょう。アンティーク時計のデザインは、懐中時計のようなクラシックなデザインが主流で、高級感や奥深さがあるものです。

しかも、アンティーク時計は機械式なので、現在に至るまで変わらず動き続けている時計と聞けば、どこかロマンチックですよね。また、ROLEX(ロレックス)では、大量生産の時代の前であれば、同じ文字盤やカラーのデザイン、日焼け具合などはそれぞれ1品もの。同じ年代の時計でも文字盤の表情が大きく違うから、奥行きのある楽しみ方ができるのです。

さらにROLEX(ロレックス)では、マイナーチェンジを繰り返しているモデルも多いので、「今のデザインより前の方が良い」「昔のモデルのほうが使いやすい」といったこともあるでしょう。このように、現行品では存在しないモデルをアンティーク時計で入手できるというのは、ROLEX(ロレックス)ファンにとって大きな魅力だと思います。

ROLEX(ロレックス)のアンティーク時計は高い?

ロレックスの画像
アンティーク時計は高い、というイメージをお持ちの人も多いのではないでしょか?確かに、ネットや雑誌などで紹介されているROLEX(ロレックス)のアンティーク時計は、どれもプレミア価格がついているもので、簡単には入手できないものと思ってしまいます。

しかし、あの高級ブランドROLEX(ロレックス)の中には、現行品よりもお得な値段で買えるものも十分あるんです。「デイトナ」「エクスプローラー」などは常に人気が集中しているモデルですので、アンティーク時計もプレミア価格で取引される場合も多くあります。

一方で、エアキングやデイトジャストなどの一般的なモデルであれば、ずっと安い価格で購入できるものが豊富に揃っていますよ。ROLEX(ロレックス)ではモデル数やマイナーチェンジが多いブランドでもあるので、アンティーク時計は一概に高いものばかりというわけではないのです。

エアキングのアンティーク「Ref.5500」おすすめする理由

ロレックス-エアキング画像
ではなぜ、数あるモデルの中でエアキングの「Ref.5500」がアンティーク時計としておすすめなのでしょうか?そのおすすめポイントをまとめてみました!

豊富なバリエーションから選べる

エアキングRef.5500は、ROLEX(ロレックス)の中でも屈指のロングセラーモデル。約44年間も生産されていて、何度かマイナーチェンジを行っています。

年式によってカラーやデザインが多少異なっていて、さらには生産数も多いことから、多くのアンティーク時計が流通しています。このように、幅広いバリエーションの中から好きなデザインが選べるのも、Ref.5500をおすすめする理由と言えます。

人と被らない

ROLEX(ロレックス)は、日本で最も人気・知名度の高い時計ブランドです。人気モデルの「デイトナ」「エクスプローラー」「サブマリーナ」などは、男性の憧れでもありステータスでもあります。

そのため、思い切って購入したROLEX(ロレックス)が知人と被っていた!なんてことも良くあるのです。しかし、エアキングはROLEX(ロレックス)の中でもそれほど人気が高くないものの、長年根強いファンが多いモデルなので、人と被りにくいというメリットがあります。

また、Ref.5500では、現在生産が終了されているので、現行品では手に入れられないもの。
みんなが持っていないような、マイナーモデルのアンティークを選ぶことで、一目置かれる存在になれるかもしれませんよ。

ぴったりなサイズ感はアンティークならでは

エアキングは、誕生してからずっと34㎜という小ぶりなケースサイズを貫いてきました。

しかし、新たなエアキングでは40㎜にサイズアップしていて、最近のモデルも40㎜オーバーのサイズが主流となっているのが現状です。

確かに40㎜オーバーのサイズは存在感があって男らしい印象がありますが、中には手首に収まるジャストサイズが良い、という人も多いでしょう。Ref.5500は、いい意味でも悪い意味でも、現行モデルとデザインが大きく変わっています。昔のシンプルフェイスが好みという人は、アンティークを視野に入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

ロレックスの画像
ROLEX(ロレックス)のエアキングRef.5500の魅力についてお話ししてきました。アンティーク時計は高価なイメージがありますが、エアキングRef.5500であれば現行品よりもずっと安い値段で入手できます。

また、現行品とは違うデザインや渋味があるのもアンティークならではの魅力です。
ROLEX(ロレックス)のアンティークをお探しの人は、ぜひエアキングを候補に入れてみてください。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら