アンティークロレックスの魅力について

作成日:2016年09月24日
最終更新日:2019年12月13日

ロレックス

s__7749876

 

 

ロレックスは1905年に創業されて多くの人気モデルを発表してきました。現行のモデルだけではなく、アンティークモデルと呼ばれる年代のモデルもとても魅力があり、多くの時計好きに愛されています。ここではそんなアンティークモデルの魅力について考えていきたいと思います。

アンティークモデルの魅力

「アンティークモデルの魅力」のイメージ画像

ロレックスは100年以上の長い歴史の中で数々のモデルを世に生み出してきました。

1930年代から製造されるバブルバック、1950年代から製造されるスポーツシリーズはアンティークロレックスの世界でも非常に人気が高いモデルです。アンティークロレックスの魅力の一つが機械式のムーブメントではないでしょうか。機械式のムーブメントはクオーツ式とは違い自分の手で力を加えないと動きません。自分の手で力を加える事によって時計が息をして多くのパーツがいっせいに動きだし時を刻むと言う良さがあり、大事に使っていけば一生付き合っていけるのが機械式ムーブメントの時計です。

自分だけでなく息子や孫に世代を超えて引き渡す事も出来ます。特にアンティークロレックスは丁寧に仕上げられた物が多く独特の雰囲気や風格、ファッション性にも優れております。希少性が高く数々のエピソードに彩られたモデル、時計の歴史に異議ある貢献を果たした機構を採用したモデル、現行のラインナップにあまり見かけられなくなったモデルも存在します。

資産価値としても注目。

「資産価値としても注目。」のイメージ画像

現行モデルにない価値を持ち、使い込まれたアンティークロレックスは世代を超えて資産になりえる事でしょう。そのためにはこまめなメンテナンスが必要不可欠です。新品の現行モデルと同じように扱うことはできず、日常から水やほこり、衝撃、磁気を避けるという心配りが大切となります。しかし、焼けたインデックスや退色した文字盤など味わいをもっとも感じられるのもアンティークロレックスの醍醐味です。アンティークロレックスの中には希少性のあるプレミアモデルも存在します。流通本数が少数なだけではプレミアの付くモデルは生まれず、プレミアの付くモデルには内部構造で特殊性を持つ、誕生経緯に謎めいた側面がある、何かのエピソードを持つなどの特徴を持っています。例えばミルガウスは並外れた耐磁性を持つという特殊性がコレクターの心をつかみました。文字盤のモデル名が赤い表記になっている赤サブ、赤シードはその理由が不明のため人気になっております。エピソード性という点ではエキゾチックダイヤルを装備したコスモグラフ・デイトナが代表的で、俳優であるポールニューマンが愛用していることから人気に火が付き、ポールニューマンと言う名前が愛称になりました。これらのモデルは非常に高額な値段で取引されているので入手するのは困難ですが、こういったモデルと出会えるのもアンティークロレックスの魅力の一つです。

幻のモデルも存在する。

「幻のモデルも存在する。」のイメージ画像

アンティークロレックスの中には希少性のあるプレミアモデルも存在します。流通本数が少数なだけではプレミアの付くモデルは生まれず、プレミアの付くモデルには内部構造で特殊性を持つ、誕生経緯に謎めいた側面がある、何かのエピソードを持つなどの特徴を持っています。例えばミルガウスは並外れた耐磁性を持つという特殊性がコレクターの心をつかみました。文字盤のモデル名が赤い表記になっている赤サブ、赤シードはその理由が不明のため人気になっております。エピソード性という点ではエキゾチックダイヤルを装備したコスモグラフ・デイトナが代表的で、俳優であるポールニューマンが愛用していることから人気に火が付き、ポールニューマンと言う名前が愛称になりました。これらのモデルは非常に高額な値段で取引されているので入手するのは困難ですが、こういったモデルと出会えるのもアンティークロレックスの魅力の一つです。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら