ロレックスのシリアルナンバーから製造年を特定できる? 刻印場所や読み方を紹介

作成日:2020年01月18日
最終更新日:2022年03月23日

ロレックス

 

保証書がないロレックスの製造年を調べる方法はあるのだろうか?と気になっている方もいらっしゃるかもしれません。

 

実はロレックスは時計本体に刻印されているシリアルナンバーから製造年を特定することができます。

 

この記事では各シリアルナンバーが示している製造年の一覧シリアルナンバーの確認方法を解説します。

シリアルナンバーが刻印されている場所とは?

製造年を調べるためには、まずシリアルナンバーがどこに刻印されているかを確認する必要があります。ここではロレックスのシリアルナンバーが記載されている場所について説明していきます。

そもそもシリアルナンバーとは

「そもそもシリアルナンバーとは」のイメージ画像

「そもそもシリアルナンバーとは何だろう?」と疑問に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

シリアルナンバーとは、時計一つ一つに割り振られる固有の番号のことです。

 

ブランド内に同じシリアルナンバーの時計は存在していません。一部のアンティークモデルのなかには例外もありますが、基本的にロレックスの時計には必ずシリアルナンバーが刻印されています。

 

ちなみに、シリアルナンバーとよく似たものに「モデルナンバー」があります。

 

モデルナンバーとはいわゆる型番のことで、リファレンスナンバー(Reference number)とも呼ばれています。「Ref.16610」といった数字を見かけることもあると思いますが、この「Ref」というのはリファレンスナンバーの頭文字です。

刻印場所1. ブレスレットを外した側面位置

「刻印場所1. ブレスレットを外した側面位置」のイメージ画像

ロレックスは型番によってシリアルナンバーの刻印されている場所が異なります。

一つ目に刻印場所として挙げられるのはブレスレットを外した側面の位置です。

ブレスレットを外し、時計の6時の位置に当たる場所にシリアルナンバーが刻印されていることがあります。

ブレスレットを外す際は傷を付けないように注意しましょう。不安な場合はお店に依頼して外してもらうのもおすすめです。

また、時計の12時の位置に当たる場所にはモデルナンバーが刻印されています。シリアルナンバーと間違えないように気を付けましょう。

刻印場所2. インナーリング

「刻印場所2. インナーリング」のイメージ画像

二つ目の場所として考えられるのがインナーリングの6時側の部分です。

インナーリングに刻印がある場合は、ブレスレットを外さなくても肉眼でシリアルナンバーを確認できます。。

インナーリングに刻印があるものを、ルーレット刻印ともいいます。

2007年頃からインナーリング部分にシリアルナンバーを刻むようになりました。先ほど説明したブレスレットを外した側面の場所にはシリアルナンバーが記載されなくなったのです。

また、同じくインナーリングの12時の位置にはモデルナンバーが記載されているため、シリアルナンバーと間違えないようにしましょう。

シリアルナンバーは保証書でも確認できる

「シリアルナンバーは保証書でも確認できる」のイメージ画像

保証書がない場合は、ブレスレットを外したりインナーリングをチェックしたりしてシリアルナンバーを確認する必要がありますが、保証書があればその必要はありません。

保証書には必ずシリアルナンバーが記載されているため、その番号を確認して製造年を知ることができます。

ただし注意が必要なのは、保証書に記載されている日付は販売日であって製造日ではないということです。製造年はシリアルナンバーから確認するようにしましょう。

ロレックスの買い取りの場合は製造年によって査定額が変わるため、問い合わせの際には製造年やシリアルナンバーが必ず聞かれることになります。

ロレックスのシリアルナンバーで何がわかるの?

それではロレックスのシリアルナンバーから実際にどのようなことが分かるのでしょうか。ここからは、シリアルナンバーの読み方について説明していきます。

2010年G番以前の場合は製造年がわかる

2010年以前のロレックスはシリアルナンバーから製造年の特定が可能です。

1927年から1987年の前半にかけて製造されたロレックスには、数字のみのシリアルナンバーが割り振られています。

また、1987年の後半から2010年にかけては、頭にアルファベットのついたシリアルナンバーが用いられました。

下記に製造年一覧ですが、これら全てが正確で当てはまるとは限りませんので参考までにご覧ください。

【数字のみ】シリアル番号一覧

シリアル 製造年  
21691~ 1927年  
23969~ 1928年  
24747~ 1928年  
28290~ 1930年  
29312~ 1932年  
29933~ 1933年  
30823~ 1934年  
35365~ 1935年  
37596~ 1936年  
40920~ 1937年  
43739~ 1938年  
71224~ 1939年  
99775~ 1940年  
106047~ 1941年 シリアルが6桁に変更
143509~ 1942年  
230873~ 1943年  
269561~ 1944年  
302459~ 1945年  
387216~ 1946年  
529163~ 1947年  
628840~ 1948年  
710776~ 1951年  
840396~ 1952年  
929426~ 1953年  
937170~ 1954年  
941699~ 1953年  
952892~ 1954年  
955466~             1953年  
282632~ 1955年 一度シリアルナンバーがリセット
139400~ 1956年  
321884~             1957年  
360171~             1958年  
693808~            1960年  
763663~             1962年  
985015~             1964年  
1259699~           1965年 シリアルが7桁に変更
1871000~           1966年  
2163900~           1967年  
2426800~          1968年  
2689700~           1969年  
2952600~           1970年  
3215500~           1971年  
3478400~           1972年  
3741300~           1973年  
4004200~          1974年  
4267100~           1975年  
4538000~           1976年  
5008000~           1977年  
5482000~           1978年  
5958000~           1979年  
6434000~          1980年  
6910000~           1981年  
7386000~          1982年  
7862000~          1983年  
8338000~           1984年  
881400~        1985年  
9290000~          1986年  
9766000~          1987年  
9999999~           1987年  

【アルファベットから始まる】シリアル番号一覧

シリアル 製造年  
R000001~ 1987年~1988年  
L000001~           1989年~1990年  
E000001~           1990年~1991年  
X000001~           1991年  
N000001~          1991年  
C000001~           1992年  
S000001~           1993年  
W000001~          1994年~1995年  
T000001~           1996年  
U000001~          1997年  
A000001~           1998年~1999年  
P000001~           2000年  
K000001~           2001年 ガラスの6時位置に王冠マークが入るようになる
Y000001~           2002年  
F000001~           2003年~2004年 この頃よりルーレット刻印(シリアル)となる
D000001~          2005年  
Z000001~           2006年  
M000001~          2007年~2008年  
V000001~           2009年  
G000001~          2010年  

2010年G番より後は「ランダムシリアル」に

2010年G番以降のロレックスのシリアルナンバーはランダムシリアルになりました。

それ以前のシリアルナンバーには、頭文字がアルファベットで示されているなどの規則性がありましたが、2010年以降は判別ができないようになったのです。

 

■2010年以前のシリアル例・・・V745112

■2010年以降のランダムシリアル例・・・16G12253やK167G314

など 2010年以降のシリアルナンバーをみてみると、数字の途中にアルファベットが入っていたり、頭にアルファベットが入っていたりと、規則性がなくなったことが分かります。これをランダムシリアルといいます。

ケースの修理歴がある場合は要注意

ケースの修理歴がある場合には注意が必要です。

大きなダメージなどがあると、日本ロレックスでケースが新品に交換されることがあります。

ケースが交換されると新たに別のシリアルナンバーが割り振られ、買取の査定額に影響が出てしまうことがあります。

修理後のシリアルナンバーがどうなるかは時期によって異なりますが、「3」や「4」からスタートする数字だけのものや、アルファベットが使用されているものもあります。

年代によって修理後のシリアルナンバーの付けられ方も変わってきています。

貴重なロレックスを持っている方は、修理に出すことがないよう大切に扱いましょう。

ちなみに、ケース交換前のシリアルナンバーは裏蓋の内側に刻印されることになります。

シリアルナンバーがないものは偽物?

「シリアルナンバーがないものは偽物?」のイメージ画像

シリアルナンバーが刻印されていないロレックスは偽物である可能性が非常に高いです。

 

本物のロレックスには必ずシリアルナンバーが刻印されています。

 

念のため、お持ちのロレックスが本物であるかを確かめる意味でもシリアルナンバーが記載されているかどうかは確かめておいた方がいいでしょう。

 

ただ、なかにはシリアルナンバーが刻印されている偽物も出回っています。

 

偽物の場合、通常のロレックスよりもシリアルナンバーの掘り込みが浅いといわれているため、注意深くチェックしましょう。

シリアルナンバーから査定額が推定できる?

「シリアルナンバーから査定額が推定できる?」のイメージ画像

ロレックスのシリアルナンバーの確認方法とそれぞれの製造年について解説しました。

 

ロレックスにはシリアルナンバーが刻印されており、万が一保証書が付いていない場合でも製造年を確認することができます。

 

時計のインナーリング部分でシリアルナンバーが確認できなければ、ブレスレットを外した側面部分にシリアルナンバーが刻印されている可能性があります。

 

お持ちのロレックスの製造年を調べたい場合はシリアルナンバーをチェックしてみましょう。

 

ロレックスは製造された年によって、希少価値があり査定額が高いと推定できるモデルもあります。

 

ただし、シリアルナンバーだけで正確な査定額を算出することは困難です。

 

お持ちのロレックスの価値を確かめるためには、プロへ査定を依頼することがおすすめです。

 

ロレックスの売却を検討されている方は、ロレックスの高価買取店【買取エージェント】の無料査定を是非お試しください。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら