2017/05/12 ( Fri )

COACH(コーチ)の歴史から見る魅力

コーチの画像

今や世界でも有数のブランドであるCOACH(コーチ)。知らない人のほうが少ないと思います。そんなCOACH(コーチ)が現在のような立派なブランドになるまではいったいどのような歴史があったのでしょうか。COACH(コーチ)の歴史を見れば、さらにCOACH(コーチ)の魅力も見えてくるはず。ということで本日はCOACH(コーチ)の歴史からCOACH(コーチ)のさらなる魅力を探っていきたいと思います。

COACH(コーチ)の起源

img

COACH(コーチ)の起源は1941年までさかのぼります。COACH(コーチ)が誕生したのはアメリカ、ニューヨーク・マンハッタンです。マンハッタンのロフトにて、最初はマイルスとリリアンのカーン夫妻たち6名が家内制手工業の皮革工房としてオープンさせたのがCOACH(コーチ)の起源となります。彼らは使い込むほど、よくなじんで味がでる野球のグローブをヒントに、皮独特の美しさ、丈夫さ、持ち味を生かした製品を作り出したいと考え創業します。

COACH(コーチ)の誕生

img

創業から20年ほどたった1960年代初期にようやくCOACH(コーチ)のブランド名がついた12個のコレクションを発表します。同時にCOACH(コーチ)の前身であるゲイル社から社名をCOACH(コーチ)に変更します。これがCOACH(コーチ)の誕生とも言えます。COACH(コーチ)の製品は全て手工業で丁寧に作られ、また天然皮革は化学薬品を使用していないので、耐久性や機能性に優れていました。これを皮切りにバッグや小物などを中心にファッション業界へと進出していくのです。

COACH(コーチ)の名前の由来

img

それではCOACH(コーチ)という名前はどうして付けられたのでしょうか。実はあまり由来自体はっきりしていないのですが、COACH(コーチ)は馬車という意味もあることから、大切なもの(つまりCOACH(コーチ)製品)をお客様に届けるという意味ではないかと推測されています。またもう一つの由来として、人や物を運ぶ道具としての馬車の他に、馬車はアメリカの開拓時代の象徴でもあったことから開拓の象徴である馬車、つまりCOACH(コーチ)をブランド名にすることで、今までにないものを開拓するというブランド戦略があったのではないかとも言われています。

COACH(コーチ)の躍進

img

COACH(コーチ)はどんどん世界で名を知らしめていきます。1962年、女性用の手作りのレザーアクセサリーの新しい事業のために、前衛的なデザイナーとして頭角を現し、IBMのユニフォームや映画「王様と私」の衣装などをデザインしたポニーカシンにデザインの担当を依頼します。ポニーは買い物袋から発案したカジュアルバッグのカシンキャリーを発表します。バゲットバッグやダッフルサック等次々とヒット作を生み出し、COACH(コーチ)はますます成長していきました。現在のバッグにも使用されているクリップ式金具やドッグリー朱の金具もポニーの発表です。彼女の活躍によって、上質で飽きのこないデザインというブランドイメージを定着させます。

日本進出とさらなる飛躍

img

いよいよCOACH(コーチ)は日本にも進出します。1988年三越と提携し日本進出を果たしました。同年9月に横浜三越店、日本橋三越店がオープン。
日本進出を果たしてからもCOACH(コーチ)の飛躍は止まりません。1996年、ルー・フランクフォート会長はNYのパーソンズ・スクール・オブ・デザイン、ラルフローレンを経て、トミーヒルフィガーでデザインマーケティングなどを担当していた、リードクラッコフを抜擢し、商品デザインやブランドイメージの統一を行い、COACH(コーチ)を「ライフスタイル・アクセサリー・ブランド」へと発展させました。

活躍は止まらない

img

1998年にはネオ・コレクションを発表します。実用的で体になじむことを目的にデザインされた、高品質レザーに代わる新素材を開発したのです。また同年九月にはウォッチコレクションを発表します。これも高い評判を得て、世界にCOACH(コーチ)の魅力がさらに広まりました。2000年にはシグニチャーを発表します。CCのロゴのモノグラムデザインで、2000年秋冬にデビューするや最も注目されるシリーズとなりました。その後も数々の賞を受賞したり、COACH(コーチ)の活躍は現在もとまりません。

魅力たっぷりのCOACH(コーチ)

img

以上COACH(コーチ)の歴史を見てきました。いかがでしたか。COACH(コーチ)は創業してから、世界中の人々を飽きさせることなく、新しいことを次々と始め、一つ一つ成功を積み重ねてきました。だからこそ今もなお愛されるブランドの一つなんですね。その機能性や品質ももちろんですが、機能性も高く使いやすいので誰が持っても満足するような商品ばかりです。こんなCOACH(コーチ)の活躍に今後も期待したいですね。

関連する買取商品まとめ

関連する豆知識まとめ

  • コーチの画像

    COACH(コーチ)といったら!シグネチャーの魅力

    COACH(コーチ)の象徴ともいえるシグネチャー。このC型のマークを見たことがない人は世界を探してもあまりいないと思います。それほど一般的になっているシグネチャー。本日はシグネチャーについてさらに詳しく知り、その魅力をお伝えしていこうと思...

  • オプアートの画像

    COACH(コーチ)の新定番!モダンスタイルを集約したオプアート

    COACH(コーチ)と言えばどんなものを思い浮かべますか?馬車のロゴマーク、上品なシグネチャーなどがあると思います。中でもオプアートと呼ばれる柄を思い浮かべた方はブランドにかなり詳しい方かもしれませんね!今回は、COACH(コーチ)の新定...

  • コーチの画像

    COACH(コーチ)の歴史から見る魅力

    今や世界でも有数のブランドであるCOACH(コーチ)。知らない人のほうが少ないと思います。そんなCOACH(コーチ)が現在のような立派なブランドになるまではいったいどのような歴史があったのでしょうか。COACH(コーチ)の歴史を見れば、さ...

  • ハンプトンズの画像

    カジュアルの中に品格を!COACH(コーチ)のハンプトンズ

    普段カジュアルなファッションを好まれる方は多いと思いますが、コーディネートの中に一つ上質なものを取り入れるだけでカジュアルなファッションもワンランクアップします。中でも分かりやすいのがバッグ。あまり目立つものはちょっと…という方にもおすす...

  • ソーホーの画像

    ソーホーラインから見るCOACH(コーチ)の歴史や伝統

    COACH(コーチ)はトートバッグや財布などがメジャーですが、大人っぽいショルダーバッグもあるのをご存知ですか?中でもソーホーラインは特に大人っぽいシンプルなデザインのものが多く人気があります。三日月のようなシルエットが特徴で、お洒落なだ...

pagetop