ジルサンダーのMV画像

ジルサンダー-JIL SANDER 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

ジルサンダー ショルダーストラップ付ハンドバッグならの画像

ジルサンダー ショルダーストラップ付ハンドバッグならなら

N社査定額

33,000円

D社査定額

35,000円

K社査定額

40,000円

買取エージェント買取価格

45,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「角スレ」の画像

    角スレ

  • 訳あり商品「型くずれ」の画像

    型くずれ

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

ジルサンダー 買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ジルサンダーの買取について

ジルサンダーに衣類・バッグなど多くのモデルがこれまでに作られてきました。何年も前の古いデザインの物ももちろん買取可能ですが、中でも新作のモデルに関してはかなり積極的な値段で買取させて頂いております。色味や状態などによってもお値段は異なりますが、定価や市場での取引相場などをしっかりと調べて出来る限り高く買取りする事をお約束いたします。絶対に負けらない買取がここにあると言うキャッチフレーズの元、どこよりも高く買取り致します。ジルサンダーの買取なら高価買取の買取エージェントにお任せ下さい。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

ジルサンダー買取に関するよくある質問

  • Q

    形崩れしていても買い取ってもらえますか

    A

    はい、買取致します。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ジルサンダーの歴史について

ジル・サンダー(Jil Sander)は1968年に、ドイツ出身のファッションデザイナーである、ヘイドメリー・ジリーン・サンダー(通称・ジルサンダー)の手によって誕生したファッションブランドになります。創業者のジルサンダーは、1943年にドイツのハンブルグに生まれました。幼いころからファッションに興味を持っていたジルサンダーは、服飾系の専門学校であるクレフェルド・スクール・オブ・テキスタイルへ進学し、衣類の基礎を身に付けます。専門学校を卒業したあとは、カリフォルニア大学に在籍し、その後ニューヨークの雑誌社に勤め、女性に人気の雑誌のファッションジャーナリストを専門しておりました。1965年に帰国し、1968年にハンブルクにて、自身のブランドであるジル・サンダー(Jil Sander)をひっさげ、ブティックを開設します。当時は、店頭における在庫のほとんどは他ブランドで、自身のブランドであるジル・サンダー(Jil Sander)は一部しかありませんでした。ブティックを開設したものの思うような結果を残せず、悪戦苦闘を強いられる日々を過ごします。時代の流行と、ジル・サンダー(Jil Sander)が手掛けるデザインのスタイルが真逆だったのです。しかし、衣類での業績は振るわなかったものの、香水の売上が非常に良く、なんとか厳しい状況を打破することができたのです。1973年にはパリコレクションにてデビューを飾りますが、数年後に撤退を強いられます。その後はファッションの聖地である、イタリアミラノへ移設し、ミラノコレクションでもデビューを果たしました。その後は、世間から評価を得るようになり、会社も軌道に乗り始めます。そして、運命の1989年。ドイツの株式市場へ上場を果たし、資金源を確保したジル・サンダー(Jil Sander)は海外へ大規模な事業展開を打ち立てるのです。それからというものは、メンズラインを展開したり、某大手スポーツメーカーとコラボレーションしたりなど、多くの功績を残すことに成功しました。その後は、絶頂期であったプラダグループがジル・サンダー(Jil Sander)の株式の半数を所有することになり、プラダグループの傘下となりました。しかし、価値観の違いなどから経営から退くことになり、一度はジル・サンダー(Jil Sander)を離れますが、再び復帰を果たし、また退き、表舞台から姿を消しました。その後は、ユニクロと契約を交わしコレクションを発表するなど、ファッション界の異端児として、現在も注目を集めております。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×