石川暢子のMV画像

業界トップクラス!豊富な実績
石川暢子-NOBUKOISHIKAWA 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

バードモチーフ ブローチ サファイヤ×ダイヤモンドの画像

バードモチーフ ブローチ サファイヤ×ダイヤモンドなら

B社査定額

140,000円

K社査定額

160,000円

D社査定額

168,000円

買取エージェント買取価格

180,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「千切れたリング」の画像

    千切れたリング

  • 訳あり商品「片方だけのピアス」の画像

    片方だけのピアス

  • 訳あり商品「ダイヤ取れやメレ落ち」の画像

    ダイヤ取れやメレ落ち

  • 訳あり商品「変形している」の画像

    変形している

  • 訳あり商品「石のみ(ルース)」の画像

    石のみ(ルース)

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

石川暢子 買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

石川暢子のジュエリー買取について

ネックレス・リング・ブローチ・イヤリング等様々手掛けている石川暢子のジュエリーには多くのモデルがあります。使用している宝石の種類、サイズなどによって買取のお値段が一つ一つ異なりますが買取エージェントでは出来る限り高いお値段をご提示できるように努めております。また買取エージェントの鑑定士はこれまでにたくさんのジュエリーを買取してきた経験があります。他社よりも高く買取り出来る理由の一つとしてスタッフの違いがあります。高級ブランドで知られる石川暢子のジュエリーを売るなら確かな目を持ち適正な価格を提示する買取エージェントに是非お任せ下さい。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

石川暢子のジュエリーについて

石川暢子氏は、静岡出身の日本人ジュエリーデザイナーです。
彼女はジュエリーを常に身につける習慣のなかった日本において、日本古来の美意識と西欧の様式美を見事にブレンドさせた独自のコレクションを創造し続け、日本のジュエリー業界の新たな分野を開拓してきました。
日本を代表するジュエリーデザイナーとして、世界を股にかけて活躍した彼女のコレクションは、全世界から高い評価を受けています。
芸術性豊かな彼女の美しい作品は、2012年に彼女がこの世を去った後も、世界中からの女性の支持を得ています。
そんな石川暢子が、ジュエリーデザイナーとしての歩み始めるきっかけは、彼女が東京藝術大学の学生だった1963年に、アルバイトでアクセサリーのデザイン職に就くことから始まります。
この経験により、ジュエリーデザイナーとしての基本をおのずと学ぶことになります。当時の日本は、ジュエリーの需要が少しずつ増え始めた時代であり、ジュエリー業界全体が、人員不足という状況でした。すでにジュエリーの基本を学んでいた彼女は、様々な企業からの要求に応え、ジュエリーデザイナーとして生きることを決意します。
ジュエリーの需要が増え始めたとはいっても、当時の日本はまだ一般人が気軽にジュエリーを楽しめるような世の中では無く、お金を持っている富裕層が身に着ける、成金のアイテムといったイメージが残っている現状でした。
石川暢子は、そういった宝飾類にデザインを施し、誰でも日常的に身に着けられる様にすることを目指しました。その為に、ジュエリーが主役なのではなく、ジュエリーはあくまで身に着ける人を引き立てるものであり、作品自体の美しさを追求するのではなく、身に着ける人を最大限輝かせる作品造りに傾倒していきました。
日本の伝統工芸である漆や七宝を盛んに使い、主張しすぎない、一歩引いたジュエリーを製作することで、ジュエリー業界で新たな分野を開拓していきました。
1970年には自身の会社を設立し、1980年代にはブランド「NOBUKO ISHIKAWA」をスタート、石川暢子は世界的なジュエリーデザイナーとして名を馳せていきます。
その後も順調に作品製作を続け、2012年に逝去するまでに数々の作品を残してきました。今なお日本が世界に誇るジュエリーデザイナーとして石川暢子は、世代を超えて愛されています。
買取エージェントでは、石川暢子(NOBUKO ISHIKAWA)のジュエリーを高価買取致します。皆様のご来店お待ちしております。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×