ピキョッティのMV画像

業界トップクラス!豊富な実績
ピキョッティ-PICCHIOTTI 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

ピキョッティ K18WG フラワーネックレスならの画像

ピキョッティ K18WG フラワーネックレスならなら

N社査定額

180,000円

K社査定額

200,000円

D社査定額

208,000円

買取エージェント買取価格

220,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「角スレ」の画像

    角スレ

  • 訳あり商品「型くずれ」の画像

    型くずれ

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

ピキョッティ 買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ピキョッティの買取について

ピキョッティはハリーウィンストンやカルティエ、ブルガリなどの5大ジュエラーにひけをとらない技術力、デザイン性、素材のよさがあります。ネックレスやリング、ピアス、ブレスレットなど全てのジュエリーが買取可能です。中でもダイヤモンドやエメラルド、ルビー、サファイアなどを使用したモデルは高価買取が期待できます。査定だけでも構いません。店頭買取、宅配買取、出張買取と行っておりますのでまずはお気軽にお問い合わせ下さい。是非一度、買取エージェントの高額査定をご体験くださいませ。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

ピキョッティ買取に関するよくある質問

  • Q

    傷があっても買い取ってもらえますか?

    A

    はい、買取可能です。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ピキョッティの歴史について

ピキョッティ(PICCHIOTTI)は、1967年にイタリアで誕生した高級ジュエリーを取り扱うブランドです。イタリアと言えばジュエリーの国との異名を持つ、ジュエリー製造に精通している国ですが、そんなトップクラスのイタリアの中でも、特にレアな石を施し、製造しているのがピキョッティ(PICCHIOTTI)です。ピキョッティ(PICCHIOTTI)の歴史は1937年から始まります。創始者のジュゼッペは、ヴァレンツァの領主という稀に見る裕福な家庭に生まれました。ヴァレンツァは今から約156年前の1861年に、ジュエリーの街として栄え始めた歴史ある街です。この頃イタリアでは貴金属や宝石の自由化が始まり、ヴァレンツァはゴールドジュエリーで功を成し遂げていましたが、さらにジュエリーの文化も習得します。その文化を創り上げたといっても過言ではないのがヴィンチェンツォ・メルキオーレというブランドの存在です。マーケットの矛先を世界規模に向け、トップクラスのデザインを施したことにより、計画は成功しました。それからヴァレンツァはジュエリーの文化を根強くさせたのです。それからというもの、イタリア中の職人がヴァレンツァに集うようになり、王族や貴族などからの需要も急に増加したことから、瞬く間に工房が誕生しました。その様な華やかな歴史ある街の領主に生まれたのがジュゼッペという訳です。ジュゼッペの家系はほとんどが薬剤師でその間柄、血筋はまさに優れたものでした。もちろん両親は、それまで自身が辿ってきたようにジュゼッペにも薬剤師の道を歩んで欲しいと熱望しておりましたが、ジュゼッペは13歳という若さでジュエリーの魅力にとりつかれてしまい、両親の思いは打ち砕かれました。それからジュゼッペは、ヴァレンツァに開校したばかりの国立金細工職人学校へ入学し、ジュエリーの世界へと深く足を踏み入れたのです。その後国立金細工職人学校を卒業し、宝飾関係の会社に入社しました。ジュゼッペは英語が得意だったため、海外へと旅立ちます。ドイツでは、エメラルド・サファイヤ・ルビーなどカラーストーンと呼ばれる色石が想定外にも人気を得たため、四大宝石を主軸とし新しいデザインスタイルを確立しました。そして運命の1967年、それまでに培った経験を通し、石の価値を正確に鑑定できる審美眼と、商売人としてのセンスを習得したジュゼッペは姉と共同でピキョッティ(PICCHIOTTI)を立ち上げました。3人から始めたこのアトリエは、世界屈指のトップジュエラーにまで成長しました。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×