ボヴェのMV画像

ボヴェ-BOVET 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

ボヴェ スポーツスターならの画像

ボヴェ スポーツスターならなら

B社査定額

200,000円

K社査定額

210,000円

K社査定額

225,000円

買取エージェント買取価格

240,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「角スレ」の画像

    角スレ

  • 訳あり商品「型くずれ」の画像

    型くずれ

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

ボヴェ 買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ボヴェの買取について

ボヴェは流通量が少ないため買取店によって価格差が大きくなってしまうのが現状です。買取エージェントではボヴェの価値をしっかりと評価し買取させて頂きますのでご安心ください。中でもスポーツスターシリーズやコラボモデルなどは需要も高く高価買取が期待できます。付属品が揃っていると更に金額をアップ致します。買取エージェントでは事前予約なども必要なくお見積りだけでも無料です。ボヴェの時計を売る予定がありましたら是非買取エージェントにお持ちください。宅配買取も好評受付中です。まずはお気軽にお問い合わせください。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

ボヴェ買取に関するよくある質問

  • Q

    ケースに傷があります。買い取ってもらえますか?

    A

    はい、買取可能です。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ボヴェの歴史について

ボヴェ(BOVET)は、今から約200年前の1822年、スイスのフルリエにて誕生した長い歴史を誇るスイス時計ブランドです。フルリエと言えば他にもいくつかのブランド時計を生み出した、時計発祥の地となります。創立者はエドワール・ボヴェ。彼は1797年、当時フルリエで時計職人をしていたフレデリック・ボヴェから生を授かります。父親も時計職人ということで血筋は争えなかったのでしょう。その様な環境で育ったエドワール・ボヴェは、17歳になる頃にはすでに一人前の時計職人となっており、それまでに培った技術を余すことなく発揮するために、当時最も時計の商いが行われていたロンドンへ兄弟を引き連れて旅立ちます。ロンドンで5年弱修行を積み、兄弟はロンドンに残し、エドワール・ボヴェは短針で中国の広東(カントン)へ新たな市場を求め拠点を移します。到着するやいなや、当時の中国には時計文化が浸透しておりませんでしたので、ヨーロッパでは考えられない程の高値で取引が次々と成立し、資本金を蓄えることに成功しました。中国での成功を糧に、ヨーロッパに残っていた二人の兄弟も広東へ集わせ、事業拡大後、再び拠点を出身地のフルリエへ移しました。大成功を収めたエドワール・ボヴェは後に家を持つのですが、そのお家が現在ではカリテフルーリエ財団(時計の検査機構)の拠点となっています。その後も数々の栄光を得ることになるのですが1849年、エドワール・ボヴェは52歳という若さで逝去してしまいます。創業者が変わると、経営が思わしくない方向へ進んでしまうブランドはこれまでにも多くありましたが、ボヴェはしっかりと踏ん張ります。エドワール・ボヴェがこの世を去ってから約5年後、初めてのパリ万博博覧会にて賞を授かることになります。受賞された時計は今では希少価値のあるエナメル素材のものでした。しかし、1930年代になると世界恐慌や紛争が続き、ボヴェもその荒波に呑まれてしまいますが、その後しっかりと復活を遂げます。1989年からは年間生産量を2,000本とし、そのほとんどがスペシャルオーダーと、他ブランドにて大量生産が盛んに行われている中、ボヴェはこだわりを持ち続けます。1997年の時計の祭典、バーゼルワールドにて二つの賞を受賞するなど輝かしい復活を遂げることに成功したのです。その後も数々の刺客を迎え、技術は発展していき現在にいたります。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×