チュチマのMV画像

チュチマ-TUTIMA 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

チュチマ ミリタリークロノグラフウォッチならの画像

チュチマ ミリタリークロノグラフウォッチならなら

N社査定額

40,000円

K社査定額

43,000円

D社査定額

52,000円

買取エージェント買取価格

60,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「角スレ」の画像

    角スレ

  • 訳あり商品「型くずれ」の画像

    型くずれ

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

チュチマの買取について

チュチマの時計には様々なモデルがあり、買取のお値段もそのモデルや状態によって変わってきます。またケースにPVD加工を施したモデルもありPVD加工が剥がれてしまったと言う状態の物でも買取させて頂いております。買取エージェントは現在関東に3店舗(中野、渋谷、銀座)と関西に1店舗(心斎橋)展開しており、どちらの店舗も店頭にて買取を行っております。ご来店時のご予約等は一切必要ありません。常に経験豊富な鑑定士がおりますのでご安心してご来店下さい。また実際に値段を聞いてみて思っていたよりも金額が安く売るのを辞めようかなと言う時も手数料など一切頂いておりませんのでどうぞお気軽にご利用下さいませ。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

チュチマ買取に関するよくある質問

  • Q

    ケースにヒビが入っていても買い取ってもらえますか?

    A

    はい、買取致します。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

チュチマの歴史について

チュチマ(Tutima Uhrenfabrik GmbH )はドイツ発祥の時計メーカーです。
軍用時計の製造をルーツとしているチュチマのコレクションは、主にクロノグラフのパイロットウォッチが主力商品となっていて、現在でもNATO軍やドイツのパイロット部隊に供給されており、多くの現役隊員達から高く支持されています。
そんなチュチマは、西暦1845年、ドイツのザクセン州グラスヒュッテ(Glashütte)で、「ドイツ時計産業の父」と称される「フェルナンド・アドルフ・ランゲ」によって創業されました。1845年当時、このグラスヒュッテは時計産業のメッカとしてドイツのみならず、世界的にも有名な時計産業の地として名を馳せていました。
この地にはチュチマ創業後も多くの時計メーカーが軒を連ね、チュチマを含む、複数の時計メーカーが合併や吸収を盛んに行っていた時代でもありました。
時計メーカーとしての「チュチマ」は、1927年に設立されたUROFA社(Uhren-Rohwerke-Fabrik Glashütte AG )とUFAG社(Uhrenfabrik Glashütte AG )がその起源とされています。UFAG社は法律のプロである「エルンスト・クルツ博士」が先導し設立されました。
UFGA社・UFAG社は、共同開発した最高品質モデルに、ラテン語で、「精密な」「安全である」という意味の「チュチマ(TUTIMA)」という称号をつけました。この称号はそう簡単に得られるものではなく、「チュチマ」と名が付くコレクションは、非常に重宝されました。
そのチュチマのコレクションの中でも最高の評価を受けたのが1941年発表の「フリーガークロノグラフ」です。
このモデルはドイツ帝国軍のオーダーにより製作したモデルになります。当時海軍用に特化した時計製造を行っていたチュチマが、機械式時計の製造においても、スイスの名門時計メーカーと同等の技術力を誇ることを、このモデルの発表をきっかけに世界中に認識させました。
フリーガーはドイツ語で飛行士を意味し、このモデルは世界で初めてドイツ軍に正式採用されました。
1945年の終戦間近にはグラスヒュッテの時計産業の第一人者である「ドクター・クルツ」とUROFA社、UFAG社の経営陣が共同で「クルツ社」を設立し、新たな形態で時計開発を開始します。
1960年に自社ムーブメント製造はストップし、ドクター・クルツ氏は一線から退き、側近であった「ディーター・デレカーテ」が、供給会社からのムーブメントを使用した時計製造を行いました。その後スイス時計産業に大打撃を与えた1970年代の「クォーツショック」を生き残り、1983年に正式に「チュチマ社」として、多くの時計ファンから注目を浴びる時計メーカーとなり、現在に至ります。
軍用時計の代表的存在であるチュチマの時計を買取エージェントでは高価買取致します。チュチマの買取なら買取エージェントまで。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×