ポールピコのMV画像

業界トップクラス!豊富な実績
ポールピコ-PAUL Picot 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

ポールピコ テクノグラフならの画像

ポールピコ テクノグラフならなら

N社査定額

70,000円

K社査定額

100,000円

D社査定額

108,000円

買取エージェント買取価格

120,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「角スレ」の画像

    角スレ

  • 訳あり商品「型くずれ」の画像

    型くずれ

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

ポールピコ 買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ポールピコの買取について

ポールピコは多くの人気モデルが存在しますが中でもジェントルマンやテクニカム、ファーシャーなどは市場価格も安定しており高い買取金額が期待できます。状態が良く付属品が全てお揃いであれば更に買取金額アップです。もちろん付属品がない、オーバーホールが必要、キズが多いなどのモデルでも買取可能となっております。数多くのポールピコの時計を取扱いしてきた買取エージェントにしか出せない金額がございます。ポールピコの買取をご検討中のお客様は是非一度、買取エージェントにお持ち下さいませ。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

ポールピコ買取に関するよくある質問

  • Q

    動かなくても買い取ってもらえますか?

    A

    はい、買取致します。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ポールピコの歴史について

ポールピコ(PAUL PICOT)の歴史は、今からおよそ40年前の1976年にまで遡ります。
イタリア出身の時計職人「マリオ・ボイオッキ(Mario Boiocchi)」がスイスのル・ヌアルモンにて、クオーツショックにより衰退していた当時のスイス時計産業の復興を目的にポールピコを創業しました。
「ポール ピコ」というブランドネームは、懐中時計の伝説的人物「ピコ氏」から着想を得ています。「気品はディテールに宿る」というコンセプトのもと、高い技術を持ったスイス・ジェラ山脈の職人たちが、細部にまでこだわった時計製造を行っています。そこで製造された高品質で完成度の高いポールピコのコレクションは、世界中のユーザーから高く支持されています。
1993年には、世界で初めて「パワーリザーブ表示」と「スプリットセコンドクロノグラフ」という2つの複雑機構を搭載したモデル「テクニカム」を発表しました。このモデルは当時大きな話題となり、スイス、ラ・ショードフォンの国際時計博物館で永久展示され、多くの賞を受賞した歴史的なモデルとなりました。
また2005年に発表した「テクノグラフ(TECHNOGRAPH)」は、立体感のある二重構造の文字盤になっていて、両サイドに配置しているスモールセコンドと30分積算計の針が、2重構造の上部に位置する時刻用文字盤の下をくぐり抜けるという奇抜なデザインになっていました。このテクノグラフは、ポールピコの名を一躍有名にし、ブランドの代名詞的なモデルとして高い人気を誇りました。
2011年には、1993年に発表した名作「テクニカム」が、2カウンターのクロノグラフモデル「テクニカム1872」として見事復活を果たし、多くの時計ファンの間で話題を呼びました。スウェーデン空軍の為に開発された手巻きムーブメント「レマニア1872」を搭載し、より現代的で高度なクロノグラフとして現代に蘇りました。
さらに2008年発表の「ファーシャー ウルトラスリム(FIRSHIRE ULTRA-SLIM)」も手巻きムーブメントを搭載し、新たなコレクションに加わりました。
様々な個性的なモデルを発表し、機械式時計メーカーとして進化を続けるポールピコから今後も目が離せません。買取エージェントではポールピコの買取に力を入れています。ポールピコの買取なら買取エージェントにお任せください。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×