デュポンを売却でお考えの方。是非買取エージェントにお任せ下さい。

デュポンを売却でお考えの方。是非買取エージェントにお任せ下さい。

高級ライターでも知られるDupont(デュポン)はライターの他にもボールペンや財布、バッグなどを手掛けております。買取エージェントではデュポンの製品を幅広く買取させて頂いております。ライターはもちろん、その他バッグや小物などもお売りの際は是非当社にお任せ下さい。買取エージェントは現在多くのお客様に『高く売れた』とお喜びの声を頂いております。お客様にまた利用したいと思って頂ける様に買取の金額だけではなく、心のこもった丁寧な接客を心がけておりますのでご安心してご利用下さい。

デュポンの買取について

デュポンの買取について

デュポンの買取価格はモデルや状態によって一つ一つ異なります。火がつかなくなった物やキズだらけになってしまった物でも買取エージェントでは買取させて頂きますので、まずは一度お持ち下さい。またデュポンには様々な限定モデルも作られております。これまでに数多くのデュポンの商品を買取してきた経験豊富な鑑定士が市場での取引相場などをしかりとリサーチし適正な価格をご提示致します。デュポンの買取なら高価買取の買取エージェントにお任せ下さい。

*

他社よりも高額買取

デュポン 2000個限定ライターなら

  • N社査定額
  • K社査定額
  • D社査定額
  • 15,000円
  • 18,000円
  • 23,000円

28,000

高額買取できる3つの理由

デュポンの買取実績

  • デュポン,S・T Dupont買取買取実績

    デュポンの定番モデルである「ライン2」から、漆塗りのクラシカルなデザインのものを¥16,200にて買取致しました!

  • デュポン,S・T Dupont買取買取実績

    シルバーとゴールドの組み合わせが美しいギャッツビー18144モデルを¥12,600にて買取致しました!

  • デュポン,S・T Dupont買取買取実績

    細長く入った彫刻が特徴的なこちらのシンプルなライン1モデル、14126を¥21,000にて買取致しました!

  • デュポン,S・T Dupont買取買取実績

    ゴールドメッキと漆のコントラストが美しいこちらのデュポンライターは¥11,500での買取となりました!

  • デュポン,S・T Dupont買取買取実績

    プレゼントでもらったものの使用していないというレディース向けのスリムモデルを¥13,000にて買取致しました!

  • デュポン,S・T Dupont買取買取実績

    デュポンならではの開閉音が楽しめるライン2からファイヤーヘッドゴールドモデルを¥18,000にて買取致しました!

  • デュポン,S・T Dupont買取買取実績

    ガスライターミニジェット式のデュポンは一度も使用していないということで¥19,000での買取となりました!

  • デュポン,S・T Dupont買取買取実績

    もらいものという正方形のダイヤモンドカットが美しいこちらのライン2モデルは¥14,000での買取となりました!

  • デュポン,S・T Dupont買取買取実績

    コンパクトなサイズ感が人気のデュポンSLIM7 イエローゴールドモデルを¥17,500にて買取致しました!

  • デュポン,S・T Dupont買取買取実績

    開閉音が楽しめるライン2モデルから、セラミウムを使用したスタイリッシュなモデルを¥15,600にて買取致しました!

  • デュポン,S・T Dupont買取買取実績

    彫刻加工無しのストレートタイプのこちらは、パラジウムを使用しており、¥13,000にて買取致しました!

  • デュポン,S・T Dupont買取買取実績

    日常的な使用を目的としたライン8モデルから、チェッカーフラッグホワイトモデルを¥23,000にて買取致しました!

高額買取のポイント
完全無料買取の申し込みはこちら
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

デュポン買取をご利用頂いたお客様の声

マイナーブランドの知識が豊富

50代男性

マイナーブランドの知識が豊富

ライターは買取で売れるとは知らなかったのですが、ダメもとで問い合わせてみたところ、デュポンというブランドの取り扱いがあるということで、買取をお願いしました。
なかなかライターブランドをきちんと査定してもらえる買取店が見つからず、困っていましたが、このようなマイナーなブランドでもちゃんと知識があるお店が見つかり、安心しました。
予想よりも高いお値段で買い取っていただき、満足しています。
この度はありがとうございました。

新品に近い値段で売れた

40代男性

新品に近い値段で売れた

プレゼントで高級ライターをもらったのですが、たばこをアイコスに変えてしまったためライターを使う機会がなく、残念ながら売却することにしました。
未開封未使用だったのが良かったのか、ネットで調べた定価に近い金額で買い取ってもらえました。
ライターを買い取ってくれるだけでも驚きましたが、状態が良いものはそれなりの値段を付けてくれるので、良心的な買取店だなと感じましたね。
次回も何か売るものがあれば、買取エージェントに依頼しようと思っています。

デュポンの歴史について

デュポンは1872年にシモン・ティソ・デュポン創業しました。今ではデュポンといえばライターを思い浮かべますが始まりは幌馬車の会社でした。幌馬車の会社は火災が原因で無くなってしまいましたが、その後、高級書類ケースなどを製造する工房を受け継ぐことになります。その工房は非常に評判が良く百貨店などの大型店にも品物を納めたり、旅行靴やポーチの販売も行い成功していきました。その後、会社はシモンの息子に引き継がれ成長していきます。
1935年には旅行用靴の重さを軽くする為、漆の素材に変えました。漆の技術が当時のフランスでは発達していなかったので、中国で漆を学んだロシア人を雇いました。それから漆を使った工作物はデュポンの代名詞となっております。ライターでも漆を使われたモデルが出ており高い人気を集めております。その後、第2次世界対戦が始まったことにより物資を用意することが難しくなりました。そのため旅行鞄の注文が受けられなくなり、ここから初めてライター事業に関わることになりました。そのライター事業で新たなお客様をつける事に成功しております。それから第2次世界対戦が終わりましたがデュポンはライターの事業を進めていたことが功を奏します。ちょうどその時期から飛行機での旅行靴が大きく変わったことで高級旅行用鞄の市場は縮小してしまい、ライター事業のおかげで滞りなく事業変更が出来たのです。
1951年にデュポンで初めてのガスライターを販売します。それからのデュポンはライター製造に力を注ぎ、1966年に今までのライターより炎の調節が改良されたライターを発売しライター業界で地位を確立します。
1985年にはギャッツビーが誕生しました。ギャッツビーはデュポンの代表的なモデルです。同じ時期にダブルドゴロンも生まれました。
2002年はデュポンがライターを製造し始めてから60週年の記念の年です。その年に記念限定モデルを発売しました。世界限定60個のモデルで、ダイヤ60付いている非常にゴージャスなモデルです。
2012年はデュポン社の140周年です。その年には漫画のワンピースとコラボしたスリーピング・マーメイド・コレクションを発表しました。現在でも、多くの限定モデルなどを発売しております。デュポンは一流のライターとしての地位を築き上げ、芸能人の方にも愛用者が多くなっております。
買取エージェントではデュポンのライターを高価買取しております。デュポンのライターを売る予定がありましたら買取エージェントにお任せくださいませ。

ギャッツビー

ギャッツビー

皇室御用達のライターとして人気を博した「デュポン」は、今や成功者の証と称されるなど、男のロマンに欠かせないアイテムのひとつです。
彼氏や旦那様などへのプレゼントとして選ぶ人も多いのではないでしょうか?

デュポンといえば、ライターを開けた時に「カキーン」と独特の音がなるのが醍醐味と言われていますが、数あるモデルが存在するなかで音が鳴るのは「ギャッツビー」と「ライン2」のみとなっています。そのため、ギャッツビーはデュポンの代名詞ともいえる定番アイテムとして知られています。

このギャッツビーは、1989年に発売されたモデルで、近代建築構造からインスピレーションを受けてデザインされました。
モダンかつシンプルなデザインが魅力です。

サイズは37×11×56㎜と、デュポンの中でも小型な方ですので、スタイリッシュにライターを持ちたいという男性から人気を得ています。なんと言っても「カキーン」という美しい音が鳴るモデルですので、初めてデュポンを手にする人にもおすすめですよ。

また、素材にはシルバーやゴールド、パラジウム、プラチナなどが使用されており、中には漆塗りが施されたシックなものもあります。比較的若い方から、年配の人でも似合うモデルが多数ラインナップしていますので、お気に入りのデザインを見つけてみてください。

ライン2

ライン2

煙草に火をつける道具であるライターですが、デュポンライターは普通の道具としてだけでは収まりません。100年以上続く歴史の中で、革製品から宝飾品、万年筆まで手掛けてきたデュポンは、ライターを芸術品として昇給させました。
今や高級ライターの代名詞となり、世界中の男性たちの心を掴んで離しません。

そんなデュポンの定番モデルとして挙げられるのが「ライン2」。
ギャッツビーよりも約1㎝背が高く、存在感と高級感溢れるデザインが特徴です。デュポンの醍醐味でもある「カキーン」という開閉音も楽しめるので、ジッポライターが好きな男性には堪らないのではないでしょうか?

芸能人では、織田裕二さんや、歌手のガクトさんが愛用していることで知られています。

ライン2では、シンプルなシルバーから、重厚感あるゴールド、白く輝くオシャレなパラジウムまで、様々な素材を使ったバリエーション豊富なデザイン展開しています。

繊細な彫刻によりキラキラと光沢を見せる“ダイヤモンドカット”や、素材の美しさがストレートに表現されているもの、漆を使ったものまで、どれもオシャレで他にはないデザインが揃っているのが魅力と言えるでしょう。

デュポンの快音と、スタイリッシュでオシャレなデザインを楽しみたい人は、ライン2がおすすめです。

ライン8

ライン8

高級ライターの王道ともいわれているデュポン。
開閉時の美しい音に加え、金属の美しい彫刻や光沢がとてもオシャレで、ライターにこだわりたい男性に高く人気があるブランドです。

デュポンの代表モデルと言えば、開閉時に「カキーン」と音が鳴るギャッツビーやライン2が定番ですが、他にも注目するべきモデルがたくさんあります。
そのひとつとして挙げられるのが「ライン8」です。

ライン8は、2008年に発売されたモデルで、日常的に使うことを考えて作られたモデルです。炎調整やガス重鎮など、デュポンの特徴はそのままに、軽く使いやすい仕様へと変化しました。

ギャッツビーやライン2のような心地よい開閉音はありませんが、シンプルを極めたデザインで、淡いブルーやピンクなどのポップな色を用いているのが魅力です。ギラギラした重厚感あるライターは抵抗がある、という方でも、ライン8であれば気軽に持てるのが嬉しい点です。

控えめなデザインで実用面にも配慮されているから、飽きずに長く使えるモデルと言えるでしょう。

また、赤やピンクなどの柔らかいカラーも登場しているので、女性にもおすすめです。毎日気軽にデュポンの愛用したい人や、男女兼用で使いたいという人は、ライン8がおすすめです。

デフィエスクトリーム

デフィエスクトリーム

1872年パリで生まれたデュポン。顧客にはあのナポレオン三世の名前があったというほど、皇室からも高く評価されているブランドでもありました。現代においても、デュポンのライターを持つことはステータスの象徴とされています。

そのシャープで美しい開閉音はデュポンの魅力のひとつですが、開閉音がないモデルにおいても色んな魅力が隠れています。「デフィエスクトリーム」では、デュポンのライターの中でも過酷な状況においても使用できるパワフルなモデルとして登場しました。

-10℃から-40℃の気温下やフォース7の風の中など、アウトドアにおける極限の環境でも使用できるため、キャンプやスキー、登山などにも安心して持つことができます。

ボディには硬質ポリウレタンバンパーを装着するなど、本体の堅牢度や耐久性も非常に高くなっているのが特徴です。

デザインにおいては、ブラックをアクセントとしたスポーティでメカニックな雰囲気があります。ゴツゴツした見た目は、男性のがっちりした腕にも馴染みやすく、ワイルドに演出してくれますよ。

このように、デュポンでは、高級感やエレガントさを重要視したオシャレなライターだけでなく、実用向きやアウトドア向けのライターもございます。用途やシーンに合わせて、お好きなデュポンを選んでみてください。

デュポンの豆知識一覧

買取エージェント 店舗案内

0120-954-800
  • 買取エージェント 銀座店
  • 買取エージェント 渋谷店
  • 買取エージェント 中野店
  • 一風騎士 本店
  • 一風騎士 新宿店
  • 買取エージェント 心斎橋店
  • 一風騎士 渋谷店
  • 一風騎士 心斎橋店
  • 一風騎士 中野ブロードウェイ店
  • 一風騎士 大阪本店
完全無料買取の申し込みはこちら
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取
pagetop