ボールウォッチを当社が高価買取致します。

ボールウォッチを当社が高価買取致します。

エンジニア、ストークマンなど数々のモデルを発表してきたボールウォッチ。買取エージェントではそんなボールウォッチの時計を高額にて買取致します。現在時計を買取するお店は多くありますが、価格についてはそのお店によって違うと言う事が現状です。買取エージェントが他よりも高く買取り出来る理由としては圧倒的な販売力です。国内外に多くのお客様、取引している業者がおりますのでどのようなモデルでも高価買取に対応できます。ボールウォッチの買取なら是非買取エージェントにお任せ下さい。

ボールウォッチの買取について

ボールウォッチの買取について

ボールウォッチの買取価格はモデル、付属品、時期などによって変わってきます。状態なども使用頻度などによって大きく異なりますので時計の買取価格は一つ一つ異なりますが、生活キズなどの細かいキズはマイナス査定にはなりません。それは買取エージェントは自社で時計工房があり研磨にとって細かいキズは取れる為です。メーカーに依頼するとコストもかかってしまいますが、自社工房、または提携業者でメンテナンス等が可能ですのでどのような状態でも高い価格で買取が出来ます。

*

他社よりも高額買取

エンジニア ハイドロカーボン セラミックXV DM2136A

  • B社査定額
  • B社査定額
  • K社査定額
  • 60,000円
  • 70,000円
  • 86,000円

100,000

高額買取できる3つの理由 高額買取のポイント
完全無料買取の申し込みはこちら
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

ボールの時計をお売り頂きましたお客様の声。

色々と教えてくれて勉強になりました!

20代男性

色々と教えてくれて勉強になりました!

セカンドウォッチとして購入した時計だったのですが、あまり出番がなかったので今回買い取ってもらいました。元々中古のものを安く買ったので金額はあまり期待していなかったのですが、思いのほか高く引き取って頂けたので感謝してます。これからも時計の売り買いはやっていくと思いますので、機会があった時はまた高価買取をお願いします。時計について詳しく教えて頂けたので、参考に次の時計を決めたいと思っています。ありがとうございました。

買取エージェント 心斎橋店 査定担当:佐野

この度は買取エージェント心斎橋店のご利用、誠にありがとうございました。今回お客様がお持ち下さったお時計は、ボールウォッチのエンジニア・ハイドロカーボン(DM2136A-SC-J-BK)でした。こちらのお時計は独特な夜光が印象的で、ベゼルにも夜光が施され、高い実用性も兼ね揃えている為、非常に人気のあるお時計となります。耐磁性は4800A/mで耐衝撃性は5,000Gsとなり、クロノメータームーブメントまで搭載しております。ベゼルもセラミックで傷が付きにくく、堅牢性はほとんど完璧だと言えます。今後もお時計の売買をされる予定だとおっしゃっておりましたので、その際は是非、買取エージェントを活用してください。今回同様、必ず高価買取を実現させてみせます。こちらこそご利用ありがとうございました。

査定担当:佐野
知人にもオススメしておきます。

30代男性

知人にもオススメしておきます。

友人に勧められて購入したのがこの度買い取って頂いた時計でした。時計に関しては無知で、とりあえずという気持ちが強く、文字盤の色合いも良かったのでなんとなく買ってみたのですが、そこから時計に興味を持ち始め、もっと良い時計が欲しいという気持ちが強くなり、何本か購入してしまったせいで買い取って頂いた時計の出番がなくなってしまいました。もう少し高い金額で買ってもらえるかと思っていたのですが、相場表を拝見させて頂き納得しました。今後も宜しくお願いします。

買取エージェント 渋谷店 査定担当:藤原

この度は買取エージェント渋谷店のご利用誠にありがとうございました。今回買取させて頂いたお時計は、ボールウォッチのストームチェイサー2(CM2092C-S1J-BK)でした。お客様のおっしゃるとおり、ボールウォッチは他の高級時計と比較すると、お求めやすい価格帯に設定されておりますので、劣る部分も多く見受けられるかもしれません。しかし、しっかりとしたブランドですので、いまだに人気は健在でございます。査定の際もお話させて頂きましたが、お時計の買取評価ポイントは、使用に伴うダメージや付属品の有無が大半を占めます。今回のお時計は付属品を紛失してしまっていたので、気持ち相場よりお安い買取となってしまいました。今お持ちのお時計は、付属品までしっかり保管しておいて下さい。

査定担当:藤原

ボールの歴史について

ボールウォッチは1880年代にアメリカ、クリーブランドに『ウェブC.ボールカンパニー』という店を構えた事から始まりました。創業者の名はウェブスター・クレイ・ボールという人物です。ボールがこだわっていたことは、正確な時間と刻むことでした。1883年にワシントン天文台の標準時間が使用できると、それをいち早く採用しボールの店の前には人々が集まり時間を合わせるようになりました。
19世紀末のアメリカの鉄道は目まぐるしい発展を遂げると同時に時間との戦いもありました。鉄道会社にとって大きな悩みは、地方時間の存在でした。各都市はそれぞれの街の時間を採用している為正確な時間が分からなかったのです。これは鉄道会社だけでなく、乗客にとっても非常に不便でした。
そんな中、事件は起きます。1891年4月19日、当時のレールは単線で、急行列車を通過させるのに駅で待つ必要がありました。キプトンという小さな駅で待つ予定になっていた機関車は定刻には到着せず、数分の時間のズレで衝突するという死者を出す大事故が起きました。このことをきっかけに、時間の遅れの調査に白羽の矢がたったのが時間の正確性で名を馳せていたボールでした。調査を進める中で、ずさんな時間管理が浮き彫りとなり正確な時間に合わせることを解決策に、一定の規定を定めた高精度の時計の開発に尽力しました。その成果が認められ鉄道会社関係者はその時計を着ける事が義務づけられました。さらにそのころ、正確な時間は鉄道員に聞けといわれるまで、標準になっていました。ボールはいわば時間の正確性をアメリカ大陸にもたらしたといっても過言ではありません。1922年ボールは自宅で息をひきとり多くの功績を称えられ、特に機関士組合は言うまでもありません。
100年以上経った現在でも尚、ボールのスピリットは引き継がれ正確と時というのをベースに時計作り、デザインが常に進化しています。ボールウォッチの定番の柱でもある『エンジニア』『トレインマスター』『ストークマン』ラインを中心にシェアを拡大しています。更には、大手車メーカーのBMWともパートナーシップを組み、新たな挑戦に向かっています。最大のコンセプトである『正確な時間』の伝統を引き継ぐ老舗ブランドの今後の動向が気になります。そんなアメリカの歴史を作り上げてきたボールウォッチを買取エージェントでは高値で買取致します。是非ボールウォッチを売る際は買取エージェントをご利用下さい。

買取エージェント 店舗案内

0120-954-800
  • 買取エージェント 銀座店
  • 買取エージェント 渋谷店
  • 買取エージェント 中野店
  • 一風騎士 本店
  • 一風騎士 新宿店
  • 買取エージェント 心斎橋店
  • 一風騎士 渋谷店
  • 一風騎士 心斎橋店
  • 一風騎士 中野ブロードウェイ店
  • 一風騎士 大阪本店
完全無料買取の申し込みはこちら
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取
pagetop