ラドーのMV画像

ラドー-RADO 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

ラドー ダイアスター ジ・オリジナル ダイバーならの画像

ラドー ダイアスター ジ・オリジナル ダイバーならなら

N社査定額

30,000円

K社査定額

36,000円

D社査定額

43,000円

買取エージェント買取価格

50,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「角スレ」の画像

    角スレ

  • 訳あり商品「型くずれ」の画像

    型くずれ

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ラドーの買取について

様々なモデルがラドーにはありますが、電池が止まってしまった物や文字盤が腐食している物、革ベルトがボロボロになった状態の物でも買取可能です。また高く売れるコツとしては付属品がポイントです。箱や保証書、サイズ調整した際のコマなどは買取価格に影響してきます。モデルにもよりますが数万円単位で変わる事もありますので売却の際は是非ご一緒にお持ち下さい。壊れた物も買取できますのであきらめずに是非一度お持ち下さい。ご来店心よりお待ちしております。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

ラドー買取を利用したお客様の声

  • 知人にもオススメしておきます。のイメージ画像

    中野店

    知人にもオススメしておきます。

    40代女性

    母が使わなくなったラドーの時計を処分しようと思い御社をご利用させて頂きました。デザインも私好みの時計でなく、普段からあまり使用しないため電池も止まってしまいました。近くのお店では電池代の方が高くつくため買取出来ないとの回答でした。価値があまりないのかと思い捨てようか悩んでいた時に、御社のホームページを拝見させて頂きました。
    買取実績の多さと店舗も近かった為、お伺いさせて頂きました。対応も丁寧でしっかりお値段もつけて頂きました。ありがとうございます!

  • 駅からも近いのでとて便利でした!のイメージ画像

    渋谷店

    駅からも近いのでとて便利でした!

    50代女性

    お気に入りで使用していましたラドーのダイヤスターを売却させて頂きました。プレゼントで頂いてから大事に使用しておりましたが、多少の使用感は出てしまったと思われます。ライン査定を利用させて頂きましたが御社が一番高く、しっかりした査定をして頂きました。少し家から離れておりましたが、用事ついでに寄らせて頂きました。メイン駅にあり、お店も駅から近かったので非常に助かりました。また利用させて頂きます。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ラドーの歴史について

ラドーの歴史は、1917年にフリッツ・シュラップ(Fritz Schlup)、エルンスト・シュラップ(Ernst Schlup)、ウェルナー・シュラップ(Werner Schlup)のシュラップ三兄弟が、スイスのレングナウで「シュルップ・アンド・カンパニー」という時計工房を開いたことから始まります。
創業当時は、機械式時計のムーブメント製造に特化しており、主にアメリカへの輸出が経営の基盤となっていました。自社製の時計製造はなかったものの、第二次世界大戦の終戦までには、世界でも指折りのムーブメント製造会社へと上り詰めました。
そんな「シュルップ・アンド・カンパニー」が本格的な時計メーカーとなる転機は1947年に訪れます。経済学の専門家である「ポール・ルーテー氏」が経営に参加し、彼の経営方針によって、自社オリジナル製品の開発に着手することになりました。
そして1957年に初のオリジナルウォッチである「イグザクト」を発売、ラドーというブランド名での腕時計製造を開始するとともに、会社名もラドー「Rado Watch Co. LTD」に変更されました。
同年、ラドーブランドの誕生年である1957年にちなんで、57石からなる希少モデル「ゴールデンホース」を発売、このモデルは1958年に初めて日本にも輸入されました。続けざまに、防水機能のついた「グリーンホース」を発売したラドーは、1950年の後半までに世界61か国以上で時計の販売を行う、誰もが認めるグローバルな時計ブランドへと進化しました。
また傷がつきづらい新素材の開発も積極的に行ってきたラドーは、1962年にタングステン製の超硬メタルケースを用いた、世界初のスクラッチプルーフ(耐傷性)時計である「ダイヤスター」を発表、その後の70年代80年代もラドーの躍進は続き、1986年には耐傷性に優れたハイテクセラミックス製ブレスレット採用の「インテグラル」、1990年にはケース・ブレスレット共にセラミックを使用した「セラミカ」を発表し、金属アレルギーに悩むユーッザーからも大きな支持を得る事となりました。近年では、天然ダイヤモンドと同等の硬度を誇るハイテクダイヤモンドを使用した「V10K」を2005年に発表、更に最新コレクションである2016年発表の「ハイパークローム ウルトラライト」は、シリコンナイトライドという従来のセラミックより高い硬度を持ちつつも、非常に軽量であるのが特徴の新素材を採用しています。
常に革新的なデザイン、新たなマテリアルで製造されるラドーのコレクションは、他のメーカーにない唯一無二なものとして全世界から大きな注目を集めています。
買取エージェントではラドーの買取を強化しています!
ラドーの買取は買取エージェントにお任せください。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×