ロンジンの時計買取は経験豊富な買取エージェントにお任せ下さい。

ロンジンの時計買取は経験豊富な買取エージェントにお任せ下さい。

1832年創業ととても長い歴史のあるロンジン。確かな技術力と高い信頼があるロンジンの時計は男性・女性問わず、また幅広い層に愛されています。シンプルなデザインの物から金やダイヤモンド使った贅沢な物など豊富なバリエーションがある所も魅力の一つではないでしょうか。現行の新作モデルはもちろん、何十年も前のアンティークと呼ばれる古いデザインのものも買取可能です。また動かなくなってしまった物も買取エージェントでは買取が可能ですので、眠っているロンジンの時計がありましたら是非買取エージェントまでお気軽にお問合せ下さい。年間取扱い金額150億と言う業界トップクラスの実績を誇る買取エージェントが高価買取を実現させます。

ロンジンの時計買取について

ロンジンの時計買取について

コンクエスト、マスターコレクション、ドルチェヴィータなどの人気シリーズがあるロンジン。モデルなどによって大きく買取価格は異なりますが、中でも新しいモデルは特に高価買取させて頂いております。また付属品の箱や保証書、ベルト調整をされた方は調整の際に外したコマなどもお売りの際は是非ご一緒にお持ち下さい。少しでも高く売りたいと言うお客様の声に買取エージェントが応えます。定番のモデルはもちろん、記念モデルは限定モデルも積極的な金額で買取をしております。心のこもった丁寧な接客で親身になって様々ご相談をさせて頂いております。全店駅近でアクセスも抜群ですので、まずは是非お気軽にお越しくださいませ。

*

他社よりも高額買取

ロンジン コンクエスト L3.687.4.76.6なら

  • B社査定額
  • K社査定額
  • N社査定額
  • 40,000円
  • 47,000円
  • 55,000円

70,000

高額買取できる3つの理由

ロンジン時計買取実績

  • ロンジン-LONGINES 時計 買取買取実績

    コンディション良好なコンクエスト クラシック型番L2.786.5.56.7を今回¥220,000で買取致しました。

  • ロンジン-LONGINES 時計 買取買取実績

    ダイヤモンドをセッティングしたこちらのレディースウォッチを¥120,000で買取させて頂きました。

  • ロンジン-LONGINES 時計 買取買取実績

    ヘリテージ アヴィゲーションGMT型番L2.831.4.53.2を¥100,000で買取させて頂きました。

  • ロンジン-LONGINES 時計 買取買取実績

    ベゼルにダイヤモンドをセッティングしたこちらのラ・グランク型番L2.288を¥75,000で買取しました。

  • ロンジン-LONGINES 時計 買取買取実績

    ロンジン・コンクエストL2.743.4のシルバー文字盤を買取致しました。コラムホイール式を採用しており、外見はシックなお時計でございます。お買取り¥95.000でございます。

  • ロンジン-LONGINES 時計 買取買取実績

    ロンジンのマスターコレクションGMT/L2.631.4.70.6をお買取りさせて頂きました。白を基調とした文字盤にブルーの針がとても綺麗でございます。お買取り¥100.000でございます。

     

  • ロンジン-LONGINES 時計 買取買取実績

    ロンジンのゴールデンウィングL3.610.6の無垢をお買取りさせて頂きました。重量感もあり、金の素材に文字盤が白が映えます。お買取り¥410.000でございます。

  • ロンジン-LONGINES 時計 買取買取実績

    1968のロンジンミュージアムコレクションで出品されておりました復刻のヘリテージ1968/L2.792.4.71.0を買取致しました。革ベルトに多少の使用感がございましたが¥100.000でお買取り致しました。

  • ロンジン-LONGINES 時計 買取買取実績

    ロンジンのマスターコレクション/L2.640.4をお買取りさせて頂きました。スモールセコンドがついており、何より手巻きモデル。お洒落な時計ですので、¥80.000でお買取り致しました。

  • ロンジン-LONGINES 時計 買取買取実績

    ロンジンのルンゴマーレクロノグラフ/L3.633.2を買取させて頂きました。GP素材でダークブルー文字盤。防水も100mmありケースサイズは43mmです。お買取り¥50.000でございます。

  • ロンジン-LONGINES 時計 買取買取実績

    ロンジンの代表作でもあるコンクエスト・ヘリテージ/L1.611.4を買取致しました。シンプルなデザインに仕上げ付ける場所も選ばないお時計になっております。お買取り¥70.000でございます。

  • ロンジン-LONGINES 時計 買取買取実績

    ロンジン・サンティミエ・L2.739.4.71.6を買取致しました。レトログラード・ムーンフェイズ・裏スケなど多機能に優れております。お買取り¥180.000でございます。

訳あり商品も買取いたします 高額買取のポイント
完全無料買取の申し込みはこちら
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

ロンジンの時計を売って頂いたお客様の声!

とても感じのいい店長さんです!

40代・男性

とても感じのいい店長さんです!

時計が好きで、常に数十本所有しています。売ったり買ったりを繰り返していて、その時はいつも中野のお店を何軒か行かせて頂いております。御社にも必ず、査定にだしていますが、店長の高橋さんはいつも元気で笑顔で対応してもらえるので、非常に好感が持てます。今回はロンジンのコンクエストを売却させて頂きました。値段ももちろん満足なのですが、それよりも世間話で盛り上がってしまい(笑)回るのも面倒だったので即決させて頂きました。お仕事の邪魔してしまいすみません。またちょくちょく遊びにきますね。

買取エージェント 中野店 査定担当:高橋

K様は、毎度毎度付けていらっしゃる時計が違うので、その時計を見せて頂くのが私の1つ
の楽しみになっています!本当に色々な時計をお持ちで羨ましいです。今回お売り頂いたロンジン コンクエストクラシック「L2.785.4」はケース径40mmの程よいサイズ感と3針・カレンダ-付のシンプルなデザインで幅広いシーンで使える1本です!また裏蓋はバックスケルトンになっているので、機械式のムーブメントをいつでも鑑賞できるのも素晴らしいですね。付属品はなかったものの、目立つダメージ等はなかったので、精一杯の金額で買取させて頂きました。ご利用頂き誠にありがとうございました。査定後も面白いお話を聞かせて頂きありがとうございました!またいつでもお気軽に遊びに来てください。まだまだたくさんお時計を持っていらっしゃるとお伺いしたので、ご使用されないものがあれば、是非ご相談下さい。ご来店お待ちしております。

査定担当:高橋
とても親身になってくれました!

20代女性

とても親身になってくれました!

ブランド品を売ること自体が初めてだったので、インターネットで買取エージェントさんを知り、自宅から一番近い中野店で今回買取をご依頼させて頂きました。私自身、時計の相場等は全く無知ですし、初めての買取査定ということもあって、ちょっと不安もありましたが、スタッフの方は親身になってご対応いただき、納得の金額で売却させて頂きました。また何かを売る機会がありましたら、是非ともお願いしたいです。宜しくお願いします。

買取エージェント 中野店 査定担当:横山

今回はインターネットから当社を知って頂き、わざわざ足を運んで頂いてありがとうございました。お売り頂いた、頂きもののロンジンのお時計「プリマルナ」というモデルは、シェルの文字盤に、12Pのダイヤ、ベゼルにもダイヤを配した豪華なモデルです。23mmのケース径は女性らしいサイズ感で、デザイン的にも可愛く、当社としても是非欲しいお時計でした。ご使用は数回程度とお伺いしましたが、本当に使ったのか?思う程の美品で付属品の箱・保証書も全て揃っている状態でしたので目一杯の金額で買取させて頂きました。ご利用頂き誠にありがとうございます。今回、買取専門店が初めてということでしたが、当社では初めての方でも安心してご利用頂けるお店づくりを心掛けています。買取金額に関しては、常に最新の相場で出来る限りの高価買取をさせて頂きます。最終的には「またご利用させて頂きます」とのお言葉も頂けて、大変うれしく思います。また機会がありましたら是非ともご相談下さい。

査定担当:横山

ロンジンの時計について

ロンジンの歴史が始まったのは1832年の事でした。創業者である“オーギュスト・アガシ”がアガシ商会という会社を設立したのが始まりで、彼は冠型脱進機を積んだ懐中時計を商品化し、アメリカにて国際的成功を収めました。その後、アガシの甥で経営学者でもあるアーネスト・フランシロンが経営を引き継ぎ、拠点を移します。1800年台後半になると自社工場を設立し、工場が設立された年に初のムーブメント「キャリバー20A」が製造されました。このキャリバー20Aには、リューズを使用し時計の活力を充電する・時刻を合わせる、といった今では当たり前の様に使用されていますが、当時では発明と呼ばれる機能が搭載されました。キャリバー20Aの製造が功を成し、1867年にパリで開催された博覧会で見事に賞を受賞し、この頃からロンジンで製造された時計の文字盤には「LONGINES」の名が、ムーブメントには翼の生えた砂時計が刻まれるようになりました。1800年代後半には他にも様々な成長が見られ、今のロンジンがあるのはこの時代に数々の革命を起こし、成功を収めた偉人達がいたからである。といっても過言ではないかもしれません。最も大きかった出来事は1876年、当時の技術責任者であったジャック・ダヴィドが今でいう出張に出向き、そこで持ち帰った報告書が影響し、スイスの時計産業が機械生産方式へ転換されたのではないかと伝えられております。ロンジンはジャック・ダヴィドをはじめとする優れた技術者達の手によってスイス時計産業の機械化におけるパイオニアとなりました。その後も着々と新しいムーブメントを製作し輝かしい成果を残していきます。1912年には初めてスポーツ用の電気機械式時計として連邦体操の会場で使用され、1919年は国際航空連盟に公式認定されました。パイロット専用に高性能で信頼度の高い航空用機器を開発することに成功するのです。1900年代後半には数々の社会への貢献が身を結び、F1の公式時計を10年間務めることになりました。今日でも数多くの競技にて公式時計として使用されているロンジンはこれからも革新的な開発で時計産業を賑わせてくれることでしょう。

買取エージェント 店舗案内

0120-954-800
  • 買取エージェント 銀座店
  • 買取エージェント 渋谷店
  • 買取エージェント 中野店
  • 一風騎士 本店
  • 一風騎士 新宿店
  • 買取エージェント 心斎橋店
  • 一風騎士 渋谷店
  • 一風騎士 心斎橋店
  • 一風騎士 中野ブロードウェイ店
  • 一風騎士 大阪本店
完全無料買取の申し込みはこちら
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取
pagetop