買取価格

買取価格

1,570,000円

※買取の価格は為替・状態・付属品などによって異なりますので詳しい金額はお気軽にお問合せ下さい。

  • 中古

  • 店頭

新宿店でロレックス,GMTマスター2,型番116710BLNR,セラミック,ブラック,ブルーを買取しました。の買取価格画像

ブランド名

ロレックス

商品説明

モデル

GMTマスターII

型番

116710BLNR

素材

ステンレス

文字盤

ブラック

ベゼル

セラミック/ブラック/ブルー

ベルト

ステンレス

ムーブメント

自動巻き(Cal.3186)

買取エージェントのコメント

ロレックスは、ブランドに疎い人でも知っている高級腕時計ブランドです。ロレックスの腕時計は成功者の証とも言われ、憧れのブランドであり、また、多くの著名人が愛用しています。ロレックスには、デイトナ、エクスプローラー、サブマリーナ、GMTマスターなど、数多くのモデルが存在します。ロレックスの腕時計は、映画の中にもよく登場しますが、中には、一目見るだけで、そのロレックスがどのモデルであるか瞬時に見分けるマニアもいらっしゃいます。
ロレックスが登場する映画として、最もよく知られているのが「007」シリーズです。初代ジェームス・ボンドのショーン・コネリー、3代目ジェームス・ボンドのロジャー・ムーアはサブマリーナを身に付けています。トム・クルーズ主演で大ヒットした「ミッション・インポッシブル」では、ジェレミー・レナーが、同じくロレックスのサブマリーナを、「フェイク シティ ある男のルール」では、キアヌ・リーヴスがGMTマスターを付けている等、ロレックスは意外にもアクション映画でよく使われています。
サスペンス映画「アン・ノウン」では、ロレックスのディープシーが重要な小道具となっています。異国の地で、自分を自分だと証明することができなくなり、窮地に陥った主人公が、事件の鍵を握る女性に協力を求め、報酬代わりにロレックスの腕時計を差し出すのです。

身に付けていたロレックスを換金する、あるいは報酬として渡す、というのは、映画では時々見かけるエピソードで、「ナショナルトレジャー」、「マラソン・マン」にもそういったシーンが登場します。
世界中でその価値が認められているロレックスは、世界通貨である、とも言われています。長期間愛用していてもその価値が落ちないという点も、ロレックスの魅力の一つとなっているのです。

今回はそんなロレックスの通称バットマン。GMTマスター2の『116710BLNR』を買取させて頂きました。こちらのタイプは製造が終了するという事もあり値段がかなり高騰しました。買取エージェントでも絶賛高価買取中です。

また同じくGMTマスターの116710LNも価格がかなり高くなっておりますので売るなら今がチャンス!です。

今回こちらの時計を買取しました店舗は新宿店になります。新宿店は4月の5日にオープンしたばかりの新店舗になります。これからも買取エージェントはどこよりも高くをモットーに全力の金額で買取をいたしますので是非ロレックス、GMTマスターを売るときは買取エージェントにお任せください。

高く買い取ってもらうコツ

高く買い取ってもらうコツのイメージ画像

  • こんな付属品があれば査定額アップ!

    時計のケース、余りコマ、保証書。バックの保存袋や保存箱。品物といっしょに送れば査定額アップの可能性あり!
    ※紙袋は査定額に影響しません。
  • 思いたったときが売り時!

    「もう使わないかなぁ」と思ったときにクローゼットにしまわずご連絡ください。その時が1番の売り時です。 日々、新しいものが発売される現在、流行などもありますのでお早めにお売り頂くことが大切です。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら