買取価格

買取価格

47,000円

※買取の価格は為替・状態・付属品などによって異なりますので詳しい金額はお気軽にお問合せ下さい。

  • 中古

  • 店頭

心斎橋店でルイヴィトンのポルトフォイユ・クレマンス モノグラムを買取しました。の買取価格画像

ブランド名

ルイヴィトン

商品説明

モデル

ポルトフォイユ・クレマンス

型番

M61298

形状

財布

カラー

ローズバレリーヌ×ゴールド金具

備考

【ライン】モノグラム

買取エージェントのコメント

買取エージェント心斎橋店の福永です。今回はですがルイヴィトンの未使用状態のお財布を買取しましたのでルイヴィトンについてご説明をしたいと思います。

 

ルイヴィトンと言えば、フランスを代表するハイ・ブランドの一つです。昔からセレブを中心に多くの人々の羨望の的となってきたルイヴィトンですが、ルイヴィトンのブランド名は創始者の名前に由来しています。創始者ルイヴィトンが生まれたのは1821年に遡ります。
フランス革命によって王政が打倒され共和制に移行する混乱の中、製材所経営者の息子としてルイは生まれます。幼くして母を失い、義母との険悪な関係に苦しんだルイは14歳という若さで家出をし、地方を出てパリに向かいます。
パリでルイは富裕層の荷物をパッケージする、荷造り職人に弟子入りします。富裕層の女性たちの衣装を綺麗に梱包してトランクに収納する作業に従事するうち、ルイはある発想を閃きます。当時のトランクは上蓋が丸く、複数のトランクを積み重ねる事ができませんでした。そこで、ルイは上部が平面な積み重ね可能なトランクを考案したのです。
1854年、ルイは結婚したばかりの妻と共に世界初とも言われる、旅行用トランクの専門店をパリにオープンします。防水加工された布地が使用され、取り扱いしやすい形状のトランクは、発売と当時にヒットし、ルイヴィトンの名はまたたく間にフランス中に知られるようになったのです。
ルイ製作のトランクが認知され始めると、当然のようにコピー商品が登場し、ヴィトンにとって大きな脅威となりました。このコピー対策として登場したのが、「LV」のアルファベットを組み合わせた独特の図案、モノグラムです。
父ルイからヴィトンの経営を引き継いだ息子のジョルジュは、1888年にルイヴィトンの文字が描かれた布地を考案し、商標登録します。これがダミエ・ラインと呼ばれるものとなります。
ただ、このダミエ・ラインもコピーされてしまい、ジョルジュはダミエ・ラインのさらなる改良を目指します。その結果、1896年に生み出されたのが現在知られるモノグラム・ラインです。
ルイヴィトンのイニシャルである「L」と「V」に星と花の図案を組み合わせた、現在でも良く目にするモチーフとなっています。
このモノグラム・ラインは商標登録によって守られており、現在でもビジネスバックのエクスプローラー や各種モノグラム・バッグ、ジッピー・ウォレット等に使用されています。このモノグラムは、ルイヴィトンの象徴、ステータス・シンボルとなっているのです。

今回買取させて頂きましたこちらもルイヴィトンを代表するシリーズのモノグラムです。

モデルは少し小ぶりなお財布、ポルオフォイユ・クレマンスM61298です。

新品・未使用状態の買取金額を掲載しておりますので是非お売りの際はこちらを参考にしてください。以上心斎橋店の福永でした。

 

高く買い取ってもらうコツ

高く買い取ってもらうコツのイメージ画像

  • こんな付属品があれば査定額アップ!

    時計のケース、余りコマ、保証書。バックの保存袋や保存箱。品物といっしょに送れば査定額アップの可能性あり!
    ※紙袋は査定額に影響しません。
  • 思いたったときが売り時!

    「もう使わないかなぁ」と思ったときにクローゼットにしまわずご連絡ください。その時が1番の売り時です。 日々、新しいものが発売される現在、流行などもありますのでお早めにお売り頂くことが大切です。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら