2019/4/19 ロレックス シードゥエラーディープシー 126660Dブルー 買取価格

買取価格

1,500,000円

※買取の価格は為替・状態・付属品などによって異なりますので詳しい金額はお気軽にお問合せ下さい。

  • 中古

  • 店頭

【2019年4月】ロレックス,126660Dブルーを高価買取。の買取価格画像

ブランド名

ロレックス

商品説明

モデル

シードゥエラーディープシー

型番

126660

文字盤

Dブルー

買取日

2019/04

状態

中古

ウォッチニアン買取専門店のコメント

こんにちは!買取エージェント上野御徒町店でございます。

唐突ですが皆様、ロレックスについてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

金持ちの時計、成金っぽい。高そう…

ロレックスというと一般的なイメージとしてまず皆様思われるのが、このようにとにかく高い。高級腕時計というイメージではないかと思います。
では、ロレックスの時計は単に高級ブランドであること、知名度の高さだけが魅力かというと、実際はそんなことはありません。
もし、ただブランドとしての知名度が高いだけでしたらロレックスはここまで多くの人に人気がある時計になってはいないのです。
では、ロレックスの時計の魅力はどこにあるかというと、今回お伝えしたいのが、実用性の高さでございます。要は時計としての性能が優れているということです。

ロレックスのほぼ全てのモデルの文字盤にはOYSTER PERPETUALと記載がございます。(デイト付きモデルは更にDATE、もしくはDATEJUST)

このオイスター、パーペチュアル、デイトジャストというのは、ロレックスの三大発明を意味しています。

オイスターは一つの金属の塊をくりぬいて防水性を高めたケースを意味し、パーペチュアルは全回転のローターを搭載した自動巻き機構、そしてデイトジャストは日付が12時ピッタリに切り替わる機構です。防水性の高い時計、自動巻き機構、12時ピッタリの日付変更。はい。今日の時計業界では当たり前となっている機能ではありますが、何十年も前に最初に開発したのはロレックスだったのです。

ロレックスの、防水性の高さをはじめとした時計の実用性は、現在の時計界においても業界トップなのは間違いありません。
簡単に言うと高級時計でありながらもガンガン使っても大丈夫だよ!という時計なのです。

かなりざっくりした説明になってしまいましたが、今回はロレックスの実用性の高さについてご説明いたしました。

そんなロレックスの今回の買取商品はこちら。

シードゥエラーディープシーDブルー文字盤,型番126660でございます。

こちらは2018年のバーゼルワールドで発表された現行のディープシーになります。

防水は驚異の3900m。今回ご説明した実用性という点では、十分すぎるほどの防水性能です。

ご来店いただいたお客様は何社か問い合わせした中で、当社にご来店頂きました。

そんなに使われていないというお言葉通りに綺麗なコンディションでございました。

当社の提示金額にご納得の形で取引成立となりました。

この度は誠にありがとうございました。

上野でロレックスを売るなら買取エージェント上野御徒町店にお任せください!

高く買い取ってもらうコツ

高く買い取ってもらうコツのイメージ画像

  • こんな付属品があれば査定額アップ!

    時計のケース、余りコマ、保証書。バックの保存袋や保存箱。品物といっしょに送れば査定額アップの可能性あり!
    ※紙袋は査定額に影響しません。
  • 思いたったときが売り時!

    「もう使わないかなぁ」と思ったときにクローゼットにしまわずご連絡ください。その時が1番の売り時です。 日々、新しいものが発売される現在、流行などもありますのでお早めにお売り頂くことが大切です。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら