バリーのMV画像

バリー-BALLY 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

バリー・ショルダーバッグならの画像

バリー・ショルダーバッグならなら

B社査定額

12,000円

K社査定額

16,000円

N社査定額

20,000円

買取エージェント買取価格

25,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「角スレ」の画像

    角スレ

  • 訳あり商品「型くずれ」の画像

    型くずれ

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

バリーの買取について

バリーは男性・女性問わず人気があるブランドでまた幅広い層から支持を得ています。上質なカーフと赤や白などのカラーリングが施されたキャンバスの組み合わせはバリーならではのデザインはとてもお洒落です。バリーの買取価格はデザインや色コンディションによって変わってきます。もちろん状態が良い方が買取の価格も高いのですが、多少のキズや使用感がありましても出来る限り高価買取をさせて頂いております。靴や財布・バッグなどバリーの製品をお売りの際は是非当社をご利用下さい。またデザインが古い物でも買取可能です。タンスに眠っている物がありましたらお気軽にお持ち下さい。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

バリー買取を利用したお客様の声

  • 今度は貴金属を売らせてもらいます。のイメージ画像

    中野店

    今度は貴金属を売らせてもらいます。

    20代男性

    新しいバッグを購入し、バリーのトートバッグが不要になったので今回買取を依頼しました。気に入って使用していたので、それなりに使用感がありましたが、しっかり査定してもらいました。値段がつかなければ、誰かにあげるか捨てようかと考えていたので買取エージェントさんに来てよかったです。こういうお店に馴染みが無く不安もありましたが、こちらのお店は入りやすい雰囲気で、スタッフの対応も良かったです。今度は実家にある貴金属でも持って行こうかと思います。

  • とても感じの良い方でした。のイメージ画像

    中野店

    とても感じの良い方でした。

    20代女性

    別れた彼氏が使っていたショルダーバッグを持っていても仕方ないので、買取ってもらいました。私はブランドとかに疎いもので、値段がつくとは全然思っていなかったですが、一応値段がつくかもと持って、中野の買取店をインターネットで検索して、買取エージェントさんを知りました。スタッフのコメントがとてもユーモアがあって面白いと思い仕事帰りに寄りました。対応して頂いた横山さんがとても親切で、しかも値段も一万円付けて頂いたので、気持ちよく売ることが出来ました。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

バリーの歴史について

バッグや財布・靴などのイメージがあるバリーですが、実はリボンメーカーとして1851年「カール・フランツ・バリー」によってスイスで創立されました。当初はリボンメーカーとして開始されたバリーですが、カール・フランツ・バリーはパリに出張へ行った際に見た、パリジェンヌ達の靴に魅了され、靴の開発をスタート。後にシューズメーカーへとシフトします。その後は工場を設立し生産ラインを確立、着々と規模を拡大していき1970年代にはアメリカやイギリスの技術をいち早く取り入れ、作業効率の向上を成功させます。作業効率のみならず、上質でデザイン性に富んだバリーの靴は瞬く間に人気を博し、高級靴ブランドとして、人々の間で認知されていきました。1976年には、革製品のバックを生産に投入して、1981年にはイギリスで店舗展開し、その後ヨーロッパ各地に店を構え、年間200万足の生産をするまでに発展しました。2000年代に突入すると、多方面からデザイナーと契約し、様々なコレクションでファッション、バック、ジュエリー、そして靴のデザインを世に広めていきます。日本には1957年にはじめて紹介されましたが、進出は1988年に初めてバリージャパンが設立されました。数々の商品を世に送り込んだバリーですが、ここまで歩むことが出来た根底にはやはり職人がいたことに揺るぎはないのです。バリーの象徴でもある靴は職人が時間をかけ、200以上もの工程をすべて手作業で行っているのです。この紛れもない事実が現在の商品すべてのラインナップの信頼を勝ち取っていると言っても過言ではありません。バリーはどの商品にも、「最上級のデザインの追及」という当初からのコンセプトをいまでも大事に貫いていることが、何よりも成功の証でもあるのです。現在日本国内ではまだまだ歴史が浅いとはいえ、銀座に旗艦店を構え、直営店3店舗、インショップ29店舗、アウトレット3店舗と全36の店を構える一流ブランドに成長しているのです。今後も世界中に信頼のおける製品を発信していくことでしょう。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×