プリンスのMV画像

業界トップクラス!豊富な実績
チューダー(チュードル)-プリンス 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

チューダー(チュードル)プリンスデイト74000の画像

チューダー(チュードル)プリンスデイト74000なら

A社査定額

178,000円

B社査定額

181,000円

C社査定額

168,000円

買取エージェント買取価格

200,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「ガラス割れ」の画像

    ガラス割れ

  • 訳あり商品「ベルトがボロボロ」の画像

    ベルトがボロボロ

「おまとめ買取」で
買取価格UP!!

一度にお売り頂けるお品物の数が多いほど
買取金額の合計をアップさせていただきます!

まとめた品物の画像

チューダー(チュードル)プリンスデイト74000の画像

チューダー(チュードル)プリンスデイト74000

グッチ ミディアムトートブラックレザーバッグの画像

グッチ ミディアムトートブラックレザーバッグ

貴金属の画像

貴金属

単品での買取価格合計

350,000

おまとめ買取での買取価格合計

367,500

17,500円UP!

プリンス 買取価格アップのポイント

  • 綺麗にして売るのイメージ画像

    綺麗にして売る

  • まとめて売るのイメージ画像

    まとめて売る

  • 箱・付属品・備品を揃えるのイメージ画像

    箱・付属品・備品を揃える

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

チューダー(チュードル)プリンス買取強化中

買取エージェントでは、チューダー(チュードル)の「プリンス」を買取強化してます。

新しい時計の購入をお考えの方、お引越しまたは家で眠って使わなくなった時計を当社で売却しませんか?チューダー(チュードル)に詳しいスタッフが、丁寧で信頼できる査定を約束します。

買取方法は店舗買取、全国対応の宅配買取、家から査定をしたい方にお勧めの出張買取と、全部で3通りあります。またLINEやメールで写真を送るだけの簡単査定も用意しておりますのでお気軽にご利用ください。

お客様が快適に満足してお帰り頂けるよう様々なサービスをご用意しております。買取が初めての方、他社よりも高く買い取って欲しい方は是非買取エージェントをお試しください。

チューダー(チュードル)プリンスの買取について

w36918チューダー(チュードル)の時計は、ロレックスで採用しているオイスターケースなどのパーツを使用している事も多く、機能性にも非常に定番があります。コレクションにおいては、初めはロレックスと同様のラインナップでしたが、近年では同時のコレクションが発表されるようになりチューダー(チュードル)ならではのブランドの魅力が注目されています。チューダー(チュードル)のスタンダード・コレクションともいえるのが、「プリンスデイト」です。ロレックスでいうところのデイトジャスト、パーペチュアルデイトに相当するコレクションとなります。シンプルなスタイルはオンオフ問わないもので、定番ともいえるフォルムです。その為チューダー(チュードル)の中でも人気が高い一つです、特にアンティークの部類に入る、文字盤に大きなバラのマークや小さいバラのマークが入っているモデルは、高額査定の対象商品になっています。チューダー(チュードル)のコレクションはロレックスと違って数も限られるため、マニアも多数存在するほどに希少価値が高く、買取市場でも非常に貴重な商品として取り扱われています。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

プリンス買取を利用したお客様の声

  • 買取エージェントさんに持って行って良かったです。のダミー画像

    心斎橋店

    買取エージェントさんに持って行って良かったです。

    40代女性

    随分昔に一目惚れして買ったチューダー(チュードル)プリンスデイトデイ色々場面で使わせて貰いました。見た目もエレガントで気に入っていたのですが、最近では新しい時計が欲しくなり、ゆくゆくは娘に譲ろうと思っていたのですが、娘には娘で気にいる時計があるらしく。それならとインターネットで探して買取エージェントさんにしました。とっても親切に査定していただいて、また何かあれば買取エージェントさんにお願いします。

  • 妻に後押しされて買取エージェントさんへのダミー画像

    渋谷店

    妻に後押しされて買取エージェントさんへ

    40代男性

    社会人になってから初めて購入したチューダー(チュードル)プリンスデイト。社会人の思いだが沢山使っていたのですが、そろそろワンランク上の時計を考えていたところ、妻に相談してみたら売却しようということになり、色々とインターネットで探してくれました。そこで見つけたのが買取エージェントさんです。最初は郵送で査定してもらおうと思ったのですが、直接買取エージェントさんに行って話した方が納得できるだろうと思い、妻と一緒にお邪魔しました。いくつかお店を回ろうと思ったのですが、とても親切にしていただいて納得しましたので、買取エージェントさんに買い取って貰いました。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

チューダー(チュードル)の歴史

チューダー(チュードル)は1930年代に名門ロレックスのディフュージョンブランド(セカンドライン)として誕生しました。創立者はロレックス同様のハンス・ウィルスドルフ氏です。

当時ロレックス本社のあったイギリスでの市場拡大を目的に「一般庶民」向けに作られたブランドがチューダーでした。ブランドの名はイギリス王家の一つ「チューダー家」にちなんだものです。

チューダー(チュードル)の最大の強みは、低価格でありながら文字盤やリューズ、裏蓋など腕時計の覆うの部分でロレックスと共通のパーツが使われてきたこと。特にロレックスの代名詞でもある防水ケース「オイスター」がチューダー(チュードル)に採用されていることは、時計愛好家の間でも大きく評価されています。

たとえば「サブマリーナ」はロレックスの時計とそっくりです。そのほかにもロレックスのデザインや質の高い技術力を吸収して、徐々に世界的な人気を獲得していくです。

その一方で「チューダー家」のバラをモチーフにしたり、1970年代以降にメインモチーフになった盾モチーフ、チューダー(チュードル)ならではのアイデンティティを支持する人も増えていくのです。

その後 チューダー(チュードル)はデザインにも多種多様に取り組み、ロレックスと同じ技術力とパーツで、もっと色々な味わいを楽しむことが出来る時計作りに取り組みました。そうして素晴らしい製造技術を誇りながらも、時計製造コストが高く知名度が低かったロレックスに対して、低価格で一般市民に親しまれたチューダー(チュードル)。その結果チューダー(チュードル)が世界に認められたことでロレックスの認知度は急激に高まり世界的に有名なブランドとして認められるようになりました。

まさにチューダー(チュードル)が一役かったと言っても過言ではないでしょう。

パーツのほとんどをロレックス製で作られているチューダー(チュードル)ですが、どうして低価格が提供できたのでしょうか?
その秘密は内部のムーブメントに隠されています。ロレックスは自社製を使っていますが、チューダー(チュードル)は他社製のムーブメントを使用しているからです。こうして最初はロレックスと共通パーツが目立っていたチューダー(チュードル)ですが、1990年代頃からロレックスのディフュージョンブランドではなく、ひとつのブランドとして独自の道を歩んでいくのです。2018年10月には日本初となる正規店を構えることとなります。

チューダー(チュードル)プリンスについて

ロレックスの創立者ハンス・ウイルスドルフが、“ロレックスの技術力を世界に広く知らしめるために創設したブランド”というのがチューダー(チュードル)。

チューダーにロレックスの技術を使い、リーズナブルな価格でそれを体験してもらうのがハンス・ウイルスドルフの狙いでした。そのため、価格に対してオーバースペックなモデルが多く存在しています。

そして1960年代終わりに誕生したのがチューダー(チュードル)オイスタープリンスデイトデイです。ケースに文字盤のインデックスとロゴにはステンレスが使用されました。

最初文字盤はシルバーのみでしたが、その後灰色、白、黒、青が選択可能になりました。その当時は防水50Mが保証されています。1970年代中盤以降からケース、ムーブメントが一新されました。1997年以降になるとすべてのチューダー(チュードル)の時計はロレックスのマークを排除ししています。

年代によって、少しつづ変化していったチューダー(チュードル)プリンス。

その長い歴史の中には色々なデザインがあり、日本展開するまでのアンティークは、とても人気があります。この機会に買取エージェントで、お客様の眠っているチューダー(チュードル)プリンスを売却しませんか?ご満足いただけるお値段で買取いたします。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×