セイコー-SEIKOのMV画像

業界トップクラス!豊富な実績
セイコー-SEIKOを高く売るなら
買取エージェント

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

グランドセイコー メカニカル スプリングドライブ SBGC003ならの画像

グランドセイコー メカニカル スプリングドライブ SBGC003なら

B社査定額

380,000円

K社査定額

400,000円

N社査定額

415,000円

買取エージェント買取価格

430,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「角スレ」の画像

    角スレ

  • 訳あり商品「型くずれ」の画像

    型くずれ

セイコー-SEIKO買取価格

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

セイコーの買取なら高額買取が可能な買取エージェント

言わずと知れた日本の代表的時計ブランドの「SEIKO」!日本の職人が作るからこそできる完璧なムーブメントや時代に左右されることのないデザインが魅力的なブランドです!セイコーが高額査定される理由としては、世界から日本人の繊細な技術は高く評価されているのが大きな理由であり、日本のブランドの商品は海外で高い評価を受けていることから価格も高騰し高額査定の要因となっております!また、もちろん日本の方からは自国のブランドということで認知度も高く日本人に合った時計作りから使用感がとても良く人気な理由の一つでもあります!!

セイコーの時計買取について

セイコーの時計買取についてのイメージ画像 セイコーには「ガランテ」「クレドール」「グランドセイコー」などの高級ラインとされている高価なラインから、「ブライツ」などのソーラー時計、女性に人気な「ルキア」「DOLCE&EXCELINE」「TISSE」などの時計があります。
中でも人気が高く買取エージェントも多く買取させて頂いているシリーズはグランドセイコーです。セイコーの技術力が詰まったグランドセイコーの時計は国内のみならず世界でも人気が高く買取の価格も高値を推移しております。
具体的な買取金額につきましてはモデルによって異なりますのでお気軽にお問合せいただければと思います。買取エージェントでは様々なSEIKOの時計を全て買取させて頂いております。もちろん保証書や箱などなくても買取の対象商品です!セイコーを売るなら買取エージェントまで!

セイコー-SEIKO シリーズ一覧

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

セイコー-SEIKO お客様の声

  • 事情を説明したら、希望金額+気持ちを出してくれました!のイメージ画像

    心斎橋店

    事情を説明したら、希望金額+気持ちを出してくれました!

    20代男性

    セイコーガランテを売りに行きました。本当は売りたく無かったのですが家庭の事情の為泣く泣く売却することになりました。売りたくない物を売るので納得する金額がでるまで粘ろうと思っていました。何件か行きましたがやはり少し難しく諦めかけましたが最後に買取エージェントに来て本当に良かったです。事情を説明した所、希望金額+気持ちを付けて頂き、どの店よりも頑張ってくれました。また買えるように頑張ります。

  • いつも買取エージェントに決めています!のイメージ画像

    中野店

    いつも買取エージェントに決めています!

    40代男性

    セイコーの時計を売りに来ました。以前にも何回か買ってもらっていて、売るときは買取エージェントと決めています。金額はもちろんですがスタッフの買いたいという気持ちがこちらにもはっきりと伝わり、毎回気持ち良く売却が出来ております。私自身時計の買い替えが激しくこれからも買い替えはしますが売るときにはまたご利用します。いつもありがとうございます。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

セイコー-SEIKO豆知識

セイコーの歴史

セイコーは1881年に服部金太郎が服部時計店を創業しました。これがセイコーの歴史の幕開けとなります。1892年には時計製造を人力から工場を作り工場設立から約2ヶ月後には掛時計1ダースの製造に成功したと言われています。1913年(大正2年)にはまだまだ懐中時計が主流でしたが腕時計の時代に備えセイコーは腕時計の試作、研究を続け国内で初めて生産されたと言われる、腕時計のローレルを完成させて生産しました。当時の技術では腕時計の小さい規模の製造は大変困難とされていて、懐中時計の製造が3日で約600個程に対して、腕時計は3日100個程度が生産の限界と言われる大変困難な時代だったと言われています。1940年代に入ると海外ではいくつかのメーカーから自動巻き腕時計が商品化され日本セイコーは1956年に国産初自動巻き腕時計を発売しました。当時の小売価格は13.500円に対し手巻き腕時計は4.000円台が主流で自動巻き時計がいかに高級時計だったのか分かります。
1950年代には数多くの生産数を誇り、腕時計の機種を広げるとともにセイコーの精度を追求する動きが注目集まりセイコーの頂点モデルとして1960年グランドセイコーを誕生させました。こちらはスイス公認歩度検定局のクロノメーターより厳しいとされる社内規定とされています。販売価格は25.000円以上。当時の大卒初任給のおよそ二倍という高価にもかかわらず非常に売れたと言われています。そして1958年からクオーツ時計の開発していたセイコーは1964年のオリンピックに大会公式時計として採用されました。1967年にはアストロンのプロトタイプの誕生。1969年には市販アストロンを完成させ当時の価格は45万と言われ、当時で表すとすれば、「小型乗用車」並みの価格と言われています。後に急激なにコストダウンが進行して、1970年には特許を取得したことによって、各メーカーがクオーツ時計の製造に参入し世界を巻き込んだクオーツショックとなります。このクオーツショックでは低価格が進んだ一方スイス、欧米の機械式時計メーカーは大打撃を受け特にアメリカの時計産業はほぼ崩壊状態になったと言われています。1980年代になると世界初のオートクオーツを完成させました。1990年代になると数々の大会公式時計として採用され、いかに他の時計ブランドより、セイコーの時計が優れているかが分かります。日本時計ブランドが世界に誇るセイコーを買取エージェントは特に力を入れ高価買取しております。是非セイコーをお売りの際は買取エージェントにご来店下さい。

GALANTE(ガランテ)

GALANTE(ガランテ) GALANTE(ガランテ)は、イタリア語で「女性の気を惹く」といった意味を持ちます。男性だけでなく、女性をも魅力するラグジュアリーウォッチとして登場した人気ラインです。これまでの王道デザインを一変し、個性的なデザインを取り入れた、今までにないセイコーモデルといわれています。

GALANTE(ガランテ)は、ケース周りに4つのエンタシス(円柱)がついており、時計本体を構成する部品を連結してくれる機能的な部品という意味だけでなく、GALANTE(ガランテ)シリーズのシンボルデザインとなります。

また、セイコー独自の駆動機構である「スプリングドライブ」を搭載していることで、電池不要、温度変化や衝撃などからの外部環境の影響もほとんど受けない安定した動きを実現しました。さらに、時差のある2か国の時刻を同時の表示することのできるデュアルタイム機能や、ストップウォッチ機能も搭載されています。

ケースは少し大きめのサイズが特徴ですが、ブレスレット部分はフィットしやすい形状に作られているので、腕を包み込むように安定してくれます。存在感と個性溢れるデザインですが、日本らしい繊細さを感じさせてくれる細かなつくりが魅力です。

CREDOR(クレドール)

CREDOR(クレドール) セイコーの高級ウォッチモデルである「CREDOR(クレドール)」は、フランス語で「黄金の頂き」という意味を持っています。ブランドのシンボルマークにも、山と天に届く星を融合したマークが採用されています。

日本人の感性を極めた技術によって作られる高級ドレスウォッチシリーズとして1974年に発表され、セイコーの最高級ブランドとなっています。金やプラチナなどの貴金属を取り入れた繊細で可憐なデザインが特徴です。ただ、単に平凡な美しさではなく、日本ならではの芸術性を活かした、細部までこだわり抜いた上質なつくりが魅力です。

ロマンチックなコンセプトで作られるモデルも多く、まるでジュエリーのような存在感であることから、女性からも絶大な支持を得ています。星や月をイメージした華やかなデザインや、イエローゴールド、ホワイトゴールドを用いたクラシカルなデザインまで様々です。

また、デザイン性だけでなく、細かな部品のひとつひとつまで、職人の卓越した技術を注ぎ込んで作られています。ドレスウォッチと聞くと、本場スイス時計を想像するかと思いますが、日本のセイコーも負けてはいません。日本ならではの繊細で上品な美しさを感じられるCREDOR(クレドール)は、機能的にもデザインにも世界から高い評価を得ています。ドレスウォッチをお探しの方は、海外ブランドだけでなく是非セイコーもチェックしてみてください。

GRAND SEIKO(グランドセイコー)

GRAND SEIKO(グランドセイコー) セイコーから登場した高級腕時計ブランドとして、別格の存在と称されているのが「GRAND SEIKO(グランドセイコー)」です。部品生産から組み立てまで全て日本国内で行われており、専門の時計師集団によって作らているハイクオリティーな高級時計ブランドです。

GRAND SEIKO(グランドセイコー)は素晴らしいのは、なんといってもその精密度です。時計の国スイスが公認するクロノメーターを超える制度の9S系メカニカルを開発。また、1988年には、精度を年差で表す超高精度クォーツを開発。クォーツは、年間10秒の誤差しか生じないほどの精密さです。

文字盤には装飾物がほとんどなく、最低限のデザインに絞ったシンプルなつくりが特徴です。針や目盛りも立体感のある作りにしてあるため、視認性も抜群です。正統派のデザインなので、男性女性問わずに身につける事ができるし、ビジネスシーンはもちろん、落ち着いたカジュアルスタイルにもマッチします。ペアウォッチとして選ぶカップルも多いそうですよ。

いかにも高級時計を着けているというより、さり気なく高級感やオシャレさをアピールできるのがGRAND SEIKO(グランドセイコー)の魅力だと思います。どれもシンプルなデザインですが、レザーベルトやステンレス製のベルトなどのバリエーションは豊富なので、定番の一本として持っておきたいものですね。

LUKIA(ルキア)

LUKIA(ルキア) セイコーのLUKIA(ルキア)シリーズは、女性に高い人気を誇っています。高機能でありながら、アクセサリー感覚で身につけられるエレガントなデザインが特徴です。女性は特に、時計としての役割だけでなく、ファッションによって身につける時計を選びたいものです。LUKIA(ルキア)はそんな女性達に支持されているんです。

また、LUKIA(ルキア)には高い機能性のあるモデルもが様々登場しています。ソーラー電波式なので、電池交換不要、海外にいっても時差を合わせる必要のないモデルもあります。見た目の可愛さだけでなくセイコーらしいハイクオリティーな性能にもこだわっているんですね。

デザインの特徴は、まさにキュート。女性らしいピンクやエレガントなゴールドを用いた、ジュエリーのようなデザインが最大の魅力です。文字盤がカラフルに彩られていたり、ダイヤル文字がメルヘンだったりと、身につけると女性らしさを際立せてくれます。

小ぶりで繊細なので、日常使いはもちろん、パーティドレスにもよく合います。普段はカジュアルな腕時計しか着けないという女性でも、フォーマルな時に着けたいドレスウォッチとして選んでみるのもおすすめです。機能性にもデザインにも申し分ないLUKIA(ルキア)シリーズは、女性へのプレゼントとしても喜ばれることでしょう。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×