買取価格

買取価格

50,000円

※買取の価格は為替・状態・付属品などによって異なりますので詳しい金額はお気軽にお問合せ下さい。

  • 中古

  • 店頭

【買取実績】中野店でルビーとダイヤモンドの指輪を買取しました!の買取価格画像

ブランド名

ルビー

商品説明

モデル

ルビー

素材

プラチナ

備考

【脇石】ダイヤモンド

買取日

2019/02

買取エージェントのコメント

買取エージェント中野店です。今回はですが中野店の店頭でルビーとダイヤモンドの指輪を買取させて頂きましたのご紹介します。

どこか情熱的な赤い輝きで見る人の気持ちを高めてくれる魅力的な宝石といえば、7月の誕生石でもあるルビーではないでしょうか。そんなルビーの歴史は実はダイヤモンドよりも古いと言われており、ダイヤモンドが今のように普及するまでは最も希少な宝石であるともいわれていました。その理由に天然のものが取れる地域がアジアばかりで少なく、宝石と定義される基準である美しいものや3カラットを超えるような大きなものがめったに取れなかったという理由があります。ルビーは赤いものというイメージがあるかもしれませんが、実は含まれているクロムという不純物の量によって赤みが変わります。クロムが含まれていればいるほど赤みが増して赤黒くなり、少なければピンクに近い色になっていきます。色味の違いは産地によって異なることが多く、特にミャンマーで取れるクロムの量が約1%であるものはピジョンブラッドルビーという名称で憧れの的となっています。ピジョンブラッドは最高級のルビーと言われており、その理由はミャンマー自体のルビー産出率が低いだけでなく、クロム量1%が生み出す絶妙な色味のものの希少性が高いためであるといわれています。一般的によく見るルビーはビーフブラッドと呼ばれるもので、タイなどで取れることが多くなっています。価格自体はピジョンブラッドの半値ほどですが、それでも十分希少なものであるといえるでしょう。そしてピンクがかかったものがチェリーピンクと呼ばれるものです。その愛らしい色味からアクセサリーとして用いられるのに人気がありますが、その色味からピンクサファイアと混同されることもしばしばです。ちなみにルビーとサファイアはもともと同じもので、クロムが加わるかチタンや鉄が加わるかによってルビーとサファイアに分かれるのです。どちらも魅力的な宝石ですが対象的な色味がまた魅力的であるため、見比べてみるのも面白いかもしれません。

そんな歴史と魅力のあるルビーと宝石の王様ともいわれるダイヤモンドの指輪を今回買取エージェント中野店で買取いたしました。

中野店は時計専門店ではなくこちらの指輪のように貴金属、宝石、ジュエリーも勿論買取させて頂いております。高価買取をお約束いたします。

是非中野でルビーやダイヤモンドなどの宝石を売るときは買取エージェント中野店にお任せください。

高く買い取ってもらうコツ

高く買い取ってもらうコツのイメージ画像

  • こんな付属品があれば査定額アップ!

    時計のケース、余りコマ、保証書。バックの保存袋や保存箱。品物といっしょに送れば査定額アップの可能性あり!
    ※紙袋は査定額に影響しません。
  • 思いたったときが売り時!

    「もう使わないかなぁ」と思ったときにクローゼットにしまわずご連絡ください。その時が1番の売り時です。 日々、新しいものが発売される現在、流行などもありますのでお早めにお売り頂くことが大切です。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら