買取価格

買取価格

110,000円

※買取の価格は為替・状態・付属品などによって異なりますので詳しい金額はお気軽にお問合せ下さい。

  • 中古

  • 店頭

【買取価格公開】グッチのオフィディアハンドバッグ買取実績の買取価格画像

ブランド名

グッチ

商品説明

モデル

オフィディア ハンドバッグ

型番

547941・486628

素材

PVC×レザー

形状

ハンドバッグ

カラー

ベージュ×ブラウン×レッド×グリーン×ゴールド金具

刻印

なし

仕様

GGスプリーム×ウェビング

買取エージェントのコメント

買取エージェント上野御徒町店の真茅です。

今回は、グッチのハンドバッグを買取させていただきました。

こちらの商品はGGスプリーム×ウェビングラインのものです。グッチというブランド名を耳にしてまず想像するのが、「GG」があしらわれたパターンデザインでしょう。文字通りにブランドコンセプトがすぐにわかりますし、イタリアの洗練されたセンスは常にエレガントさを窺わせます。

元祖となるダイヤモンドパターンが用いられたアイテムが登場したのは、1930年代半ばのことです。元々は革製品を扱うお店を経営していましたが、禁輸措置などで資源が不足することを避けるために、革以外の素材、キャンバス地を使ったバッグを発表。それが始まりになりました。その後、パターンの原型である「ディアマンテ」に、創始者であるグッチオ・グッチの息子である2代目アルド・グッチが初代のイニシャルを加え、お馴染みのアイコンが入った「GGキャンバス」が考案されることになります。それが1960年代、品のよさと美しさを見事に表現したバッグは瞬く間にセレブの間で評判を呼び、わかりやすいアイコンも宣伝効果が非常に高く、グッチの名を世界に広めることになりました。

GGキャンバスの登場から、「GG」はさまざまなものにパターン化されて他のラインデザインに組み込まれています。素材に関しても多様化し、キャンバス地にポリ塩化ビニール加工を施すことで耐久性と耐水性を増した「GGプラス」、GGを上質なレザーにエンボス加工をして模様づけした「シマ」などが登場しました。昨今では、ポリウレタン加工をした「GGスプリームキャンバス」に鮮やかなフラワープリントを加えた「GGブルームス」などが女性に人気です。

現在ではバッグ以外にもお財布やシューズといった、あらゆるグッチ製品に活用されているブランドを象徴するデザイン。トラディショナルでありながらモダンさを感じさせるのが魅力的です。

 

今回買取したのは、グッチ GGスプリーム×ウェビングのオフィディアハンドバッグで、ほぼ新品状態でした。グッチは買取エージェントで買取実績の多いブランドの一つなので高額査定に自信があるブランドです。グッチのバッグを売るなら是非買取エージェントにお任せください!

 

 

高く買い取ってもらうコツ

高く買い取ってもらうコツのイメージ画像

  • こんな付属品があれば査定額アップ!

    時計のケース、余りコマ、保証書。バックの保存袋や保存箱。品物といっしょに送れば査定額アップの可能性あり!
    ※紙袋は査定額に影響しません。
  • 思いたったときが売り時!

    「もう使わないかなぁ」と思ったときにクローゼットにしまわずご連絡ください。その時が1番の売り時です。 日々、新しいものが発売される現在、流行などもありますのでお早めにお売り頂くことが大切です。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら