買取価格

買取価格

1,160,000円

※買取の価格は為替・状態・付属品などによって異なりますので詳しい金額はお気軽にお問合せ下さい。

  • 中古

  • 店頭

【買取価格公開】エルメスのケリー28,ブルーアトゥールカラーの買取実績の買取価格画像

ブランド名

エルメス

商品説明

モデル

ケリー28 / 内縫い

素材

トリヨンクレマンス

形状

バッグ

カラー

ブルーアトゥール

刻印

A刻(2017年製)

仕様

内縫い

買取日

2019/07

買取エージェントのコメント

買取エージェント中野店の中野です。

ブランドバッグがお好きな方、家にたくさんのバッグ眠っていませんか?買取エージェントでは出張買取や宅配買取を行っておりますので、ご自身に合った買取方法をお選びいただけます。

さて今回は、先日買取させていただいたエルメスのケリーのご紹介です。エルメスのバーキンに並ぶ人気シリーズケリー。今回買取したケリーの誕生秘話をエルメスの歴史と共にご紹介致します。

 

エルメスの歴史

エルメスの歴史は古く、1837年にティエリー・エルメスが高級馬具工房としてパリで創業したことが始まりとなります。ここからわかるようにエルメスははじめ、馬具を製造するお店だったのです。その性能は高く、当時ナポレオン3世やロシア皇帝に愛用されていたほど。その後、1892年に馬鞍を収納するためのバッグとして「サック・オータクロア」が製造され、これがエルメスのバッグ第一号となっています。そして、これは今のバーキンの原型モデルともなっているのです。

そうした中、1900年代になると車を利用する人が増え、馬具はあまり必要とされない時代に…。その為、エルメスも方向転換を余儀なくされ、馬具事業からファッション事業へと変化していく事になりました。

・エルメスの代表作 ケリーの誕生秘話

本格的にファッション業界に参入したエルメス。そんなエルメスの代表作であるケリーは、1892年に原型モデルが誕生したと言われています。当時の名前は「サック・ア・クロア」。ケリーという名前になったのは、モナコ王妃のグレース・ケリーが使用していたことがきっかけと言われ、1955年頃から、ケリーと呼ばれるようになりました。それから、今もなお、王室御用達のバッグとして愛用されているケリー。多くのセレブが持つバッグとなっています。

 

今回買取させていただいたのはケリー28で、ブルーアトゥールカラー(水色)の爽やかさが普段使いだけでなく、ビジネスシーンでも清潔感を与えてくれそうです。内縫いタイプなので通常のケリーよりシルエットが柔らかくなっています。

2017年製のお品物ですが、新品で付属品もすべて揃った状態でお持ちいただいた為、高価買取につながりました。

買取エージェントでは中古品や傷があるものでも丁寧に査定し、高価買取いたします。エルメスのバッグを売るなら是非買取エージェントへ!

 

高く買い取ってもらうコツ

高く買い取ってもらうコツのイメージ画像

  • こんな付属品があれば査定額アップ!

    時計のケース、余りコマ、保証書。バックの保存袋や保存箱。品物といっしょに送れば査定額アップの可能性あり!
    ※紙袋は査定額に影響しません。
  • 思いたったときが売り時!

    「もう使わないかなぁ」と思ったときにクローゼットにしまわずご連絡ください。その時が1番の売り時です。 日々、新しいものが発売される現在、流行などもありますのでお早めにお売り頂くことが大切です。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら