買取価格

買取価格

23,000円

※買取の価格は為替・状態・付属品などによって異なりますので詳しい金額はお気軽にお問合せ下さい。

  • 中古

  • 店頭

【渋谷店】18金の台座にルビーをあしらったネックレスを買取しました。の買取価格画像

ブランド名

ルビー

商品説明

モデル

ルビー

素材

18金

形状

ネックレス

買取日

2019/05

買取エージェントのコメント

買取エージェント渋谷店の藤原です。

先日、ルビーのネックレスを買取させていただきましたのでご紹介いたします。

 

ルビーはその名称の語源がラテン語の「赤」という説がある通りに、真っ赤な輝きが魅力的な宝石です。正反対のカラーであるサファイアと同様に、コランダムという鉱物から採れることでも知られています。コランダム内のアルミニウムイオンのうち、一部がクロムイオンという物質に変換されることでルビーの特徴的な赤が発現しますが、このクロムの含有量によって赤にもさまざまなバリエーションが生まれるのが特徴です。少なければ赤が薄まりピンク色になりますので、ルビーではなくピンクサファイアとして鑑別されることになるという、面白い関係性があります。

主な産出国はインドやタイ、ベトナムやカンボジア、スリランカなどが挙げられます。そして、産地によっても異なる性質を示すのがルビーです。たとえば、最も希少性の高い最高級ルビーとされているのが、ミャンマーで採れる「ピジョン・ブラッド」で、その昔は権力を象徴する宝石としても知られていました。他のアジア地域で採取されるルビーの僅か10分の1しかなく、手に入りくいこともあって希少価値があります。タイ産のものは「ビーフ・ブラッド」と称されていて、サファイアの性質である青を発する鉄分を多く含有していることから、少々黒みがかっているのが特徴になります。また、ピンクサファイアよりも濃く、通常よりも赤みが薄く透き通った輝きのルビーは、名称も可愛らしい「チェリーピンク」で、主にスリランカやベトナムで採ることができます。

勝利を呼び込み、災いから身を守る、そんな力を秘めていると信じられてきた宝石で、耐久性の高さもあることから指輪やネックレス、ピアスなどさまざまなアクセサリーに加工されています。現在でも魔除け、幸運の守り石として親しまれており、デザインや石の大きさ、予算を考慮して、さまざまな種類の中から気軽にファッションに取り入れられるのが魅力です。

 

さて今回買取したのは、18金の台座にルビーをあしらったネックレスを¥23,000で買取させていただきました。現在買取エージェントでは、ルビーやダイヤモンドなどの宝石買取を強化中です。ブランド品とは違い、唯一無二の宝石は鑑定士によって評価が大きく異なります。査定料は一切頂いておりませんので、まずはお気軽にご来店ください。

以上、渋谷店の藤原でした。

 

 

高く買い取ってもらうコツ

高く買い取ってもらうコツのイメージ画像

  • こんな付属品があれば査定額アップ!

    時計のケース、余りコマ、保証書。バックの保存袋や保存箱。品物といっしょに送れば査定額アップの可能性あり!
    ※紙袋は査定額に影響しません。
  • 思いたったときが売り時!

    「もう使わないかなぁ」と思ったときにクローゼットにしまわずご連絡ください。その時が1番の売り時です。 日々、新しいものが発売される現在、流行などもありますのでお早めにお売り頂くことが大切です。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら